野外フェス好きなら知らないと絶対に損!フェスの荷物運びに使えるキャリーカート5選

キャンプインフェスで苦労することといえば、やはり”荷物運び”。テントはもちろん、食料や寝袋など、大容量の荷物を持ち運ぶには、キャリーカートを活用することをオススメします。今回は、そんなキャンプインフェスで利用できる様々なパターンのキャリーカートを、5つご紹介!( 2017年7月更新)

段差が多いフェスで活躍!3輪キャリーカート

キャプテンスタッグ イージーステップ3輪キャリー M-7438
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
売り上げランキング: 20,379

 
この3輪キャリーカートは、階段や急な段差でも簡単に移動できるように、車輪が3つ付いているのが特徴。「朝霧JAM」など、キャンプサイトまでの移動距離や段差が多いフェスで活躍してくれること間違いなし!

イスとキャリーが合体したキャリー

キャプテンスタッグ チェア チェアキャリー UL-1005
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
売り上げランキング: 67,172

 
イスとキャリーが合体した「キャリーチェア」。チケット交換などで、長蛇の列に並ぶことも多く、このようなイスもついたキャリーであれば、いつでもどこでも座ることができるので、荷物の持ち運びがさらに快適になります。荷物が少なめの方、もしくは会場内で利用に最適です。

大荷物の持ち運びも楽々な人気キャリー

コールマン アウトドアワゴン 2000021989
Coleman(コールマン)
売り上げランキング: 26

 
最近よく見かけるキャリーといえば「大容量キャリー」。大容量なだけでなく、折り畳めるところも便利。タイヤも大きいので、安定感も抜群。様々なキャンプインフェスでみかける人気キャリーのひとつです。

荷物もヒトも乗れる!ラジオフライヤー

キャンパーズコレクション キャリートラック CT-1501(RE)
キャンパーズコレクション (2012-04-05)
売り上げランキング: 6,008

 
アメリカの文化を代表する万能なワゴン(台車)といえば「ラジオフライヤー」。海外では子供のおもちゃとしても人気ですが、フェスでは荷物運びのキャリーとして使われていることが多いです。

Photo via Amazon

https://www.festival-life.com/32304.html