ニュース

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」 にマシュー・ハーバート、ジョーイ・アレキサンダー、三宅 純の出演が決定

2017年11月3日(金・祝)〜5日(日)の3日間にわたり、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催される「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2017」に、三宅 純、マシュー・ハーバート、ジョーイ・アレキサンダーが出演することが発表されました。

またフェスティバルのシンボルとなるグラフィック作品を、西野亮廣が担当。お笑いコンビ“キングコング”の一員として、また、絵本作家としても活躍中の同氏は今回、自身のヒット作としても知られる『えんとつ町のプペル』をモチーフにしたキービジュアルを制作します。

11月3日(金・祝)出演
MATTHEW HERBERT’S BREXIT BIG BAND

独創的なエレクトロミュージックの担い手として知られるマシュー・ハーバート。これまでも多様な名義でコンセプチュアルな作品を発表してきた俊才が、今回は新たなプロジェクト「マシュー・ハーバート・ブレグジット・ビッグ・バンド」名義でパフォーマンス。これまで2枚のアルバムをリリースしてきた「ザ・マシュー・ハーバート・ビッグ・バンド」に、「ブレグジット(BREXIT)」の文字が加わった今回のプロジェクト。文字どおり、イギリスの“欧州連合脱退”に端を発しており、これまでの彼のビッグ・バンドにはなかった、大世帯のクワイア(合唱団)を配しているのが大きな特徴。鬼才マシュー・ハーバートの荘厳な新プロジェクト、一体どんなサウンドを聴かせてくれるのか。

11月4日(土)出演
JOEY ALEXANDER

世界が注目する14歳の天才ピアニスト、ジョーイ・アレキサンダー。幼少時から非凡な才能を発揮し、ハービー・ハンコックやウィントン・マルサリスといったジャズの巨匠たちを魅了。2015年発表のデビュー・アルバムはグラミー賞の「最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」など2部門で受賞候補となり“最年少ノミネート記録樹立”でも大きな話題となった。昨年11月に発表したセカンドアルバムではピアノトリオを主体としつつ、オリジナル楽曲も披露するなど、新たなフェーズに突入。今回のステージも同様、ジョーイの“最新モードのピアノトリオ”に期待が高まる。

11月5日(日)出演
JUN MIYAKE

日本人アーティスト、三宅 純の出演も決定。フランスを拠点に国際的な活躍で知られる同氏は、昨年、リオ五輪閉幕式の「君が代」でも大きな話題に。今回のステージでは、ブルガリアン・ボイスの合唱団コスミック・ヴォイセズや、リサ・パピノー、勝沼恭子、ブルーノ・カピナンといったボーカリスト勢に、パーカッション、ストリングス・カルテットなどが加わった多国籍ユニットで、独創的なアンサンブルを披露する。

モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017

日程:2017年11月3日(金・祝)〜5日(日)
場所:東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
公式サイト:http://www.montreuxjazz.jp/

モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス+1
ビル・エヴァンス
ユニバーサル ミュージック (2016-06-29)
売り上げランキング: 75,973

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事