サウンドアートとオーディオビジュアルパフォーマンスのショーケースシリーズ「Interference, Resonance」が12月京都にて開催決定。「AMBIENT KYOTO」との共同開催イベントも

2023年12月10日(日)に京都・京都新聞ビル地下1階、16日(土)・23日(土)に京都・京都市京セラ美術館中央ホールにて「Interference, Resonance」が開催されることが発表された。

出演アーティストは、Marihiko HARA + Akiko NAKAYAMA、Ken FURUDATE + YPY(Koshiro HINO)、Peter Kutin + Patrik、ASUNAら9組。

「Interference, Resonance」は、古舘 健キュレーションによるサウンドアート/オーディオビジュアルパフォーマンスのショーケースシリーズとなっている。会場は、京都新聞本社ビル地下の広大な印刷工場跡と、開館から90年を迎える歴史的建築である京都市京セラ美術館の中央ホール。ソロパフォーマンスや、本イベントならではのコラボレーション・ライブ・パフォーマンスが楽しめる。

チケットは、公式サイトにて3日通し券(10,000円)などが販売中となっている。

出演アーティスト

12月10日(日)

Marihiko HARA + Akiko NAKAYAMA
Ken FURUDATE + YPY(Koshiro HINO)
E.O.U. + Saeko EHARA
Kazumichi KOMATSU + jvnpey

12月16日(土)

Peter Kutin + Patrik Lechner
Gischt + Conny Zenk
NTsKi + JACKSON kaki
Ken FURUDATE

12月23日(土)

ASUNA

Interference, Resonance
日時:2023年12月10日(日)・16日(土)・23日(土)
会場:京都・京都新聞ビル地下1階、京都市京セラ美術館中央ホール
公式サイト

【2023-2024】年末年始に開催される冬フェス・カウンドダウンフェス10選【12月・1月開催フェスまとめ】

京都で開催されるフェスまとめ | 京都大作戦、ポルノ超特急、ボロフェスタ、音博ほか

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979