レポート

【ライブレポート】ヤバいTシャツ屋さん @ SWEET LOVE SHOWER 2017

2日目のFOREST STAGEに登場したヤバいTシャツ屋さんのライブには、開始前から大観衆が詰めかけている。「はじまるよ~!」というSEと共にメンバーが登場すると、ヘヴィなギターが鳴り、1曲目は「Tank-top of the world」。早速サークルが発生し、男女ツインボーカルを生かしたヘヴィなサウンドが広がっていく。続く「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲」ではイントロで観客一体となってのジャンプ! その後観客をしゃがませて一斉にジャンプしたりと、一瞬も飽きさせることなくライブを展開する様子は流石の一言だ。

そして、そうしたライブでの熱気とユーモアとが直結しているのが、彼らの最大の魅力。「スウィートラブシャ」「ワー!」とコール&レスポンスをすると、MCでは念願の初出場に触れて「SWEET LOVE SHOWER出たかったです! ありがとうございます! 僕たちSPACE SHOWER TVの2016年11月のパワープッシュ・アーティストです!」と過去をひきずって笑いを誘い、「初めて見た人? 多いから早く手を下ろして!」と観客とのコミュニケーションの中で距離をどんどん縮めていく。

その後、「サビでタオル振る曲やっていいですか?」と伝えて「L・O・V・Eタオル」に突入。「喜志駅周辺なんもない」では「喜志駅周辺なんもない!」「ラブシャのスタッフ接しやすい!」と媚びを売ってまた笑いが起こる。終盤は「無線LANばり便利」「ヤバみ」で畳み掛け、ウソのメンバー紹介を経て、ラストはLMFAOのパリピ・アンセム「Shots」のフレーズを盛り込んだ「あつまれ!パーティーピーポー」へ。サビを観客とともに大合唱し、ヘヴィさとユーモアとをどっちも抱えてかっさらっていくようなステージを終えた。

LIVE PHOTO

Text by 杉山仁
Photo by 岸田哲平

ヤバいTシャツ屋さん @SWEET LOVE SHOWER 2017
8/26(Sat)14:55〜 @FOREST STAGE

1. Tank-top of the world
2. メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲
3. L・O・V・E タオル
4. 喜志駅周辺なんもない
5. 無線LANばり便利
6. ヤバみ
7. あつまれ!パーティーピーポー

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

日程:2017年 8/25(金) – 27日(日)
場所:山梨 山中湖交流プラザきらら
公式サイト:https://www.sweetloveshower.com/
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/spaceshower_sweetloveshower/

SWEET LOVE SHOWER 2017
Festival Life特設ページ

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事