レポート

自然×音楽×遊びがひとつになる「New Acoustic Camp 2017」フォトレポート

2017年9月16日(土)〜17日(日)の2日間にわたって水上高原リゾート200で開催された「New Acoustic Camp 2017」(通称、ニューアコ)。ハナレグミ、ACIDMAN、EGO-WRAPPIN’といった、同フェスではおなじみになりつつあるアーティストから、NICO Touch the Walls、HAWAIIAN6、 SCOOBIE DO 、ストレイテナーといった、アコースティック編成ではここでしか見れない豪華なラインナップが集結した、今年で8回目を迎える人気フェスの様子を写真とともにお届けします。

ニューアコで楽しいのは音楽だけじゃない!大人と子どもを楽しませるワークショップの数々

ニューアコで特徴的な場面と言えば、音楽だけでなく、たくさんの大人と子どもが笑顔で会場で遊んでいる姿。山々に囲まれた一面に広がる芝生エリアには、大人も子ども楽しめるアクティビティやワークショップが、数多く存在します。アコースティックギターを試奏できるブースや、バトミントン、卓球、スケートボードなど大人が楽しめるアクティビティをはじめ、軽井沢ライジングフィールドキャンプ場による手作りアウトドアパーク、空中ブランコなどを楽しむ子どもたちで溢れかえっていました。

 
次ページ:NACフォトギャラリー

1 2

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事