アウトドア ピックアップ ファッション

足元が一番大事!野外フェスにぴったりの靴を考えよう!

フジロックがきっかけで、今や週末は山で過ごすことが多くなってしまった登山女子・イシイがお届けするアウトドアギアシリーズ!今回は「足下篇」ということで、野外フェスで最も大事といっても過言ではない、靴について紹介したいと思います。

野外フェスには、水たまりや泥沼など、屋内のライブハウスと違い、足元にトラップがたくさん潜んでいます。お気に入りの白いキャンパス生地のスニーカーを履いていったら、真っ黒ドロドロに、水も吸い込んでぐちゃぐちゃになっちゃった。なんだかテンションだけでなく体調も悪いくなってきた・・・なんてことにならないように、初めての野外フェスでも快適に過ごせる、足元を検証します。

フジロッカー御用達!やっぱりフェスは登山靴が一番!?

日本で一番過酷な野外フェスとして、真っ先に浮かぶのはFUJI ROCK FESTIVAL(以下、フジロック)ではないでしょうか。朝と夜で10度以上も異なる気温、変わりやすい山の天気、暴風雨の中でのライブ・・・。文字にしてみるとやっぱり過酷です。そんな過酷なフェスに好き好んで毎年参加してしまう、ドM、強靭なフジロッカーの足元の定番の一つが、登山靴。山岳部顔負けの本格的な革を使用したものや、高機能素材(濡れない、蒸れない)Gore-tex(ゴアテック)を使用したものは、大雨や泥だらけの環境の中でも、快適に過ごすことができます。

一見悪いところが無さそうな登山靴ですが、靴底が固いものだと、アスファルトや砂利道といった堅い地面との相性がすごく悪いです。過酷と言われているフジロックでも、実はステージ間の道はかなり整備されています。ステージ間を移動することが多い場合、底の堅い靴を履くと、知らず知らずのうちに足に疲労が蓄積されていきます。また、足に合っていないものを選んでしまうと、登山靴の場合、本当に地獄です。楽しみにしていたヘッドライナーなのに足が痛くて集中できず、後から「あれ?何演奏してたんだっけ?」なんてことになりかねません。野外フェスで登山靴を選ぶ場合は、性能の良い本格的な登山靴よりも、靴底が柔らかく、靴そのものが軽い入門モデルの物を選びましょう。そしてなにより、自分の足にしっかりフィットしたものを!面倒でもお店で30分程度は履いて確認することをおすすめします。

★イシイ的オススメの軽登山靴メーカー:
MERRELL(メレル)Colombia(コロンビア)Caravan(キャラバン)

やっぱり動きやすい!スニーカー

 
「ROCK IN JAPAN FES(以下、ロッキンジャパン)や、「RISING SUN ROCK FESTIBAL」(以下、ライジングサン)などのフェスで足元を一番彩っているのは、やっぱりスニーカーです。とはいえ、キャンパス生地や布地のスニーカーは雨や汚れに弱く、一度水没するとその後乾かすのは難しく、残りの期間を不快な気分で過ごすことになります。そこで、おすすめするスニーカーはこの2種類!

スポーツメーカーのランニングシューズ

 

ランニングシューズは、膝の負担を軽減するために靴底にクッションが施されており、飛び跳ねたり、踊ったり、モッシュに突っ込んでいくには一番足への負担が少ない靴です。防水の機能はありませんが、最近のランニングシューズは速乾性の素材を使っていることが多く、濡れても比較的早く乾きます。万が一濡れた場合に備えて新聞紙を用意しましょう。脱いだ靴に丸めて入れておけば、翌日までにある程度乾きます。

アウトドアメーカーのスニーカー

 
もうひとつのおすすめ、アウトドア向けのスニーカーは、キャンプや、BBQなどの野外活動、軽いハイキング向けのモデルのものです。底がタウン用のスニーカーよりも厚く、滑りにくい素材を採用しており、多少の撥水機能や、汚れに強い生地が使われています。ちょっと荒れた場所でも問題なく使えます。ただし、あくまでも撥水(水をはじく)だけなので、大雨の中での長時間の活動や、水たまりに入り込んでしまうと靴内に浸水します。事前に防水スプレーをかけておき、予防すると良いでしょう!

★イシイ的オススメのスニーカーメーカー:
KEEN(キーン)NIKE(ナイキ)Patagonia(パタゴニア)

野外フェスの優秀靴、長靴!

 
どんな気候にも対応可能な、隠れた優れもの、それが長靴です。みんなが避けて通る水たまりや泥んこの中もブルドーザーのようにガツガツ進めて快適です。また、水で流すだけで汚れがすぐ落ちるので、使った後のお手入れもとっても楽々!とはいえ、やっぱり晴れている日は長靴の中は蒸れて本当に暑い。最近は丈の長さを調整出来るもの(Colombiaや野鳥の会など)や、短いサイズのものもあるので、チェックしてみてください。

 

実は登山靴やスニーカーよりリーズナブルなことが多いので、フェス用にまず1足靴を買わなければという方はぜひ長靴を選んでみてください。足が濡れないだけで、体力の消耗が全然違いますよ。

★イシイ的オススメ長靴メーカー:
Hunter(ハンター)AIGLE(エーグル)野鳥の会

楽で手軽なサンダル

 
どうせ濡れるなら濡れてもいい靴にすればいいじゃん!そう、サンダルです。野外フェスでは長時間歩き、時には走りだすことや、ライブ中に飛び跳ねることもあるでしょう。ビーチサンダルよりも、足首にストラップがあり、しっかり固定できるタイプの物を選択してください。ただ、怪我や靴ずれ防止に、靴下を履くことをお忘れなく。多めに持っていき、汚れた際には小まめに履きかえると快適です。またサンダルの定番の一つ、クロックスの製品は靴底に溝がほとんどないため、木道や、ツルツルした石の上などではとにかく滑ります。会場に履いていくよりも、キャンプサイトや宿でのちょっとした移動に使うのをオススメします。

★オススメサンダルメーカー:
Chaco(チャコ)mont-bell(モンベル)

結局一番使い勝手がいいのは?

 
フジロックや朝霧JAMのようなガッツリアウトドアのフェスに行く際に、どうしても1足だけ買うとすれば、長靴です。しかし、気候が著しく変わる野外フェスだと、どの靴も良い所があり、悪い所があります。天気予報や、当日の天気に合わせて、「登山靴+サンダル」や、「スニーカー+長靴」など、数種類を使い別けるのが一番快適に過ごせるコツかもしれません。足元が快適でないと楽しいライブにも集中できないので、この記事を参考にぜひ自分にあった靴を探してみて下さいね。

text by Rie Ishii

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事

FESTIVAL NITE