ピーター・バラカン氏が監修・作品選定による「PeterBarakan’s Music Film Festival」東京・角川シネマ有楽町にて開催中

ピーター・バラカン氏が監修・作品選定による「PeterBarakan’s Music Film Festival」が、7月2日(金)〜7月15日(木)の2週間にわたり、東京・角川シネマ有楽町にて開催されている。

上映作品は、ビリー・ホリデイのドキュメンタリー「Billie ビリー」、「ジャズ・ロフト」などの初公開作2本をはじめ、「白い暴動」、「真夏の夜のジャズ」など音楽フェスティバルをテーマにした作品も含む14本がラインナップ。ピーター・バラカン氏が登壇するトークイベントなども予定されている。

映画祭初日には、角川シネマ有楽町にて、ピーター・バラカン氏による開幕挨拶が行われた。

ピーター・バラカン氏による開幕挨拶

音楽映画祭をやりたいと何年もいろいろな人と話していたことはあったのですが、今回(映画宣伝・VALERIA の)小倉さんからお誘いをうけて「ぜひ!」ということになりました。そこから作品選びや詳細を練っていくのに数か月かかったものの案外早くまとまり、ついに実現しました。上映作品は全部で14本。候補はこの3倍くらいあったのですが、この 14 本は僕が本当に気に入ったものばかりです。そのためどれを優先的に紹介したらよいのか難しいのですが、今回、日本初公開のものがふたつあります。1本はビリー・ホリデイのドキュメンタリー『BILLIE ビリー』、そして写真家ユージン・スミスが 50~60 年代にかけて、ニューヨークのロフトに住んでたときのすごく面白いドキュメンタリー『ジャズ・ロフト』です。『ジャズ・ロフト』は秋に公開されますが、この映画祭で先に2回上映される予定です。その他、映画館ではめったに観られない作品がありま
す。カマシ・ワシントンがミシェル・オバマについてのドキュメンタリー『Becoming』のために作曲した曲を、ロサンゼルスのハリウッド・ボウルで一回だけ演奏している映像『カマシ・ワシントン 「Becoming」ライブ』。これは映画館で観ないともったいない映像と音のクオリティです。それに『Our Latin Thing』という 70 年代初めにつくられたサルサに関してのドキュメンタリー半分、コンサート映像半分の作品。DVD でもめったに観られないので、ぜひご覧ください。

上映スケジュール

上映作品の紹介



THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979