代々木公園にて開催された準フリー野外フェス「re:LIVE 東京 fes / earth garden “秋” 2020」に計15000人動員

2020年10月31日(土)~11月1日(日)に、東京・代々木公園イベント広場 野外ステージにて準フリー野外フェス「re:LIVE 東京 fes / earth garden “秋” 2020」が開催された。

今年はコロナ禍の影響で、4月開催予定だったアース・デイ東京がオンライン配信に切り替わるなど、本フェスを主催したアースガーデンのレギュラーイベントも変更を余儀なくされた中、「earth garden “秋” 2020」はリアル集客イベントとして実施、20周年という節目で再開することとなった。

また、出店数はコロナの影響で規模が縮小となる一方で、準フリー野外音楽フェス「re:LIVE 東京 fes」も同時開催することがこれまでのアースガーデンとは異なる取り組みとなった。

合計15000人を動員した本イベントには、フジロックフェスティバルや朝霧ジャムでおなじみの人気店「朝霧食堂」や清里の有名カレー店「萌木の村ROCK」が出店するなど、人気のローカルフードも登場。マーケットと音楽が楽しめる、フェス気分を味わえる2日間となった。



主催者からのメッセージ

リ・ライブ・東京、と名づけた、今回の音楽フェスの場に1万人を超える人が笑顔で集まった中で、再生再開への刻が巡っていることを、多くの方が実感したように感じています。青空の下の2日間で集った皆さんが、野外でライブでこそ響く、活き活きした音と穏やかな笑顔で集い、再会を喜ぶ声があちこちで響きました。奇しくも代々木公園でのアースガーデン開催20年目の秋、私たちがコミュニティ・フェスとして続けてきた人の縁の拡がりを、コロナ禍だからこそ実感する2日間でもありました。ライブを取り戻すことは、より良く生き直すことでもあると思います。今回の開催が神無月/10月31日から神楽月/11月1日にまたがっての開催となったのは、コロナ禍の中での意味ある偶然だったのかもしれません。代々木公園に集っていただいた皆さんに、深く感謝いたします。ありがとうございました。

311未来へのつどい Peace On Earth 事務局長 / アースガーデン代表 鈴木幸一

フォトレポート

10月31日(日)



11月1日(日)


タイムテーブル

10月31日(日)
11:30 TEX & Sun Flower Seed
12:50 佐々木亮介(a flood of circle) 
14:10 NakamuraEmi
15:40 大森靖子
17:10 いとうせいこう is the poet
11月1日(月)
10:30 ユカリサ
11:50 加藤登紀子&佐藤タイジ
13:35 かりゆし58
15:05 Salyu

re:LIVE 東京 fes / earth garden “秋” 2020
日時:10月31日(土)~11月1日(日)
会場:代々木公園イベント広場 野外ステージ
配信:サブスクLIVE
公式サイト
アースガーデン公式サイト



THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979