日本のアーティストを海外に広める有料課金型ライブ配信プログラム「TOKYO SESSIONS」がスタート&第1弾にCrossfaithが出演決定

エンターテイメント企業Live Nation Japanが、maxillaなどを手掛ける株式会社Helixesと、アーティスト・マネジメントカンパニーFAR EAST ENTERTAINMENTと共に、日本のアーティストを海外にプッシュする有料課金型ライブ配信プログラム「TOKYO SESSIONS」をスタートさせた。

本プログラムの第1弾は、9月12日(土) 21:00から開催され、出演アーティストとして、Crossfaithと、ビジュアル演出のMESが決定している。

本配信は、日本向け、アジア・オセアニア向け、ヨーロッパ向け、アメリカ向けの計4回、それぞれのタイムゾーンに合わせて配信される予定となっている。

日本向け配信のチケットは、9月22日(火)22:00までの間、チケットぴあにて販売中となっている。

Crossfaith コメント

COVID-19の脅威により世界経済は止まり、今までの日常は形を変え、またライブ音楽の世界の時計も止まってしまった。見えない1枚の大きなフィルターを通さなければ自由にライブを観る事すらできなくなってしまった現在が此処にあります。
この時間の中で、そのフィルターをCrossfaith流にぶち壊す事が出来ないかと模索してきました。

そして今回のストリーミングライブ’Open The Dimensions’を提示します。

‘Open The Dimensions’とは丸くなっている手紙を拡げる様に、4次元から5次元へ我々があなた達を連れて行く事です。すなわち「新たな次元を開く」と言う意味合いで、他のアート、音楽はもちろんの事、今までのCrossfaithのライブとは一線を画す内容になります。

ライブハウスの床に染み付いたお酒や、ピットの汗の匂い、または破れたTシャツ達。そのどれもが今は過去ですが、私達はライブ体験の劣化版でなく未来をあなた達に届けたかった。

正にコロナに囚われてしまったライブ音楽という体験の今後における可能性、そしてそのテリトリーを取り戻す、または新たな我々の遊び場へ誘う、新たなライブ体験を2020年、我々Crossfaithがあなたへお送りします。



TOKYO SESSIONS episode 1. Crossfaith x MES

■配信スケジュール
日本国内向け:2020年9月12日(土) 21:00~
※アーカイブは9月22日(火)23:59まで
アジア・オセアニア向け:2020年9月12日(土)20:00 ~(オーストラリア東部時間)
ヨーロッパ向け:2020年9月12日(土)21:00 ~(イギリス夏時間)
アメリカ向け:2020年9月12日(土)21:00~ (アメリカ東部夏時間)
※海外配信のアーカイブは、いずれも現地時間9月22日(火)23:59まで
■チケット
視聴チケット:2,500円
視聴チケット (サポート1,000円込み):3,500円
視聴チケット (サポート1,500円込み):4,000円
視聴チケット (サポート2,000円込み):4,500円
配信限定Tシャツ付き視聴チケット:5,500円(数量限定)
特設サイト

【随時更新】オンラインフェス&ライブ配信まとめ

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979