【RUSH BALL 2022】ラシュボ参加歴18年の板東さえかが楽しみ方を徹底解説!【Monthly BAN Choice】

8月もあっという間に終盤。今年のお盆休みは北海道「RISING SUN ROCK FESTIVAL」が自宅で北の大地の空気を味わわせてくれました。深夜1時のSUN STAGE、ピンチヒッターとして登場した藤井風。YouTube生配信、すごかったですね。私はちょうど10年前ライジングに初参加し、フェスにさらに魅了されたので改めてライジングは特別なフェスだなと感じさせられました。

そんな私にとって、フェスの原体験が今週末開催となる大阪「RUSH BALL」ということで、Festival Life関西支部の板東さえかがお届けするMonthly BAN Choice。夏フェス特集ラストは8月27日(土)・28日(日)に開催される「RUSH BALL」をチョイス!主催のイベンター・GREENS(グリーンズコーポレーション)の力竹さんにお話しを伺ってきました。

RUSH BALLとは?

1999年舞洲スポーツアイランド内特設会場にてスタートした野外音楽イベント。翌年2000年は今は無き難波マザーホールにて2週に渡り計4日間開催。2001年〜2004年はメガKobeに会場を移し、そして2005年からは大阪・泉大津フェニックスを開催地とし現在に至ります。

心地良い海風が吹き、夕刻にはステージを見ている間にバックで陽が沈んでいくベイエリア。怒涛のタイムテーブルの中、一際スペシャルな空気に包まれるサンセットタイムは毎年ドラマチックなステージになります。私はこの泉大津フェニックスのサンセットが大好きで、一気に夏の終わりを感じます。毎年8月の最週末に行われており、多くのアーティストたちにとってやロックファンにとっても「その年、最後の夏フェス」となる、大阪の夏の風物詩と言っても過言ではありません。

特徴①:ライブ被りなし

メインステージとATMCステージの2つで構成されており、ライブの時間が被ることがないのが最大の特徴。1ステージで1日のストーリーを組み立てていくかのように繰り広げられるメインステージに対し、「次はあのメインステージへ!」と若手アーティストが闘志を燃やすATMCステージ。その全てを堪能できるタイムテーブルとなっています。

特徴②:爆音!

実は泉大津フェニックスには音規制がないため、ストレスなく音量を出せるのもアーティストにとってはプラス。初めてイベントに来たオーディエンスにとって、体験したことのない音圧や想像超えてくるパフォーマンスに衝撃を受けるはず!

特徴③:コラボグッズが豊富

毎年コラボグッズが充実していて、MARVEL/STAR WARSやKANGOLとのオリジナルTシャツや、トムとジェリーオリジナルワークシャツ、KiUとの折り畳み晴雨兼用傘から大阪のバッグブランドmaster-pieceとのミニウォレットやサコッシュなどバラエティーに富んだオフィシャルグッズなども!

会場までのアクセスは?

大阪・神戸方面から

会場となる泉大津フェニックスへ電車でのアクセスは大阪・神戸方面からだと梅田(大阪)駅から大阪市営地下鉄御堂筋線で約10分乗車→なんば(難波)駅から南海本線・急行で約19分で泉大津駅へ。

新大阪から

新大阪駅から大阪市営地下鉄御堂筋線で約15分乗車→ なんば(難波)駅から南海本線・急行で約19分で泉大津駅へ。

泉大津駅から

最寄りの泉大津駅から会場まではシャトルバスで約20分で到着です。シャトルバスチケットは各枚数限定販売となるので、あらかじめ購入するのがおすすめ。

帰りはなんば(難波)、または天王寺までの直行バスが出ます。こちらの乗車券も各枚数限定販売のため、あらかじめ購入しておきましょう。

車や原動機付自転車、50cc以上のバイクでの来場も可能。ただしこちらも駐車スペースに限りがあるので駐車券は早めの購入を。

おすすめの楽しみ方&過ごし方

ロックバンドたちが繰り広げるアツいステージをできるだけ近くで感じたい!そんな方はスタンディングエリアで思いっきり楽しみましょう。また会場内は芝生が広がっているため、シートを敷いてゆったりと過ごすこともできます。お客さんは元気いっぱいのキッズたちだけでなく、親子の姿が年々増えているように思います。屋根が一切ない会場なので、その日の体調と相談しながら日傘使用可のシートエリアや日除けエリアを譲り合って利用しましょう。人との距離が十分に取れているときや飲食時など、熱中症対策も含めマスクの取り外しは状況に応じて柔軟な対応を心掛けてください。

そしてこの2年間、ライブやフェスに参加することを我慢していた音楽ファンや今年初めてイベントに参加する若いお客さんには「未知の世界に飛び込むようなワクワク感を持って参加してほしい。ただ無理だけしないように」というのが主催者・力竹さんの想いです。

また、RUSH BALL公式アプリを開けると、ホーム画面にある「よしだ」。昨年に引き続きRUSH BALL公式アプリ内のゲームなんです。今年はヴァージョンアップして登場!イベント行き帰りのバス車内や、会場内での待機時間など、肩の力を抜いて楽しんでほしいという主催者の想いがこんなところにも散りばめられているのでぜひ体験してみてほしい。インスタグラムではRUSH BALL2022のオリジナルエフェクトも楽しめますよ!

ファッション&持ち物

とにかく暑い…!8月も終わりだというのに容赦ない太陽に照らされ、夏の終わりに豪快な日焼けをしかねないRUSH BALL。好きなアーティストやオフィシャルのT シャツに、リラックスパンツや半パンやキャミソールワンピなどを合わせてカジュアルに楽しみつつ、帽子やストール、タオルなどで直射日光を避けましょう。

夜は少しひんやりするのがこの季節の難しいところ。ロンTがちょうどよかったりします。Tシャツの着替えや羽織るもの、熱中症対策も心掛けて通気性の良い麻やコットンといった天然素材を選ぶのもあり。ここ数年、急な雨に見舞われることもあったので雨具のご用意も。こまめな水分塩分摂取、フードエリアでフェス飯もしっかり取り入れましょう!

今年のラインナップ

RUSH BALLのヘッドライナーに関して、これまでのテーマは「ひとつ前のタイミング」と力竹さんは話す。「早いんじゃない?!」と思わせるタイミングでヘッドライナーを務めてもらうことが多かったとのこと。そのイメージもあった中、今年はこの2年の歩みを振り返り、オファーしたのがKANA-BOONとWANIMA!

8月27日(土):KANA-BOON

初日は、手探りだった2020年出演時の前向きなステージが印象的だったKANA-BOONに託すことに。初日のラインナップはそんなKANA-BOONをはじめ、キュウソネコカミ、SHISHAMO、go!go!vanillasと、凌ぎを削りあったスペシャ列伝(スペースシャワーネットワークが主催するライブイベント。4組のバンドが全国を回るツアー)2014年の面子が揃うことに!4組の熱量がフェス全体の温度感を高めることになりそうです。

8月28日(日):WANIMA

2日目は、昨年のRUSH BALL開催直前に出演キャンセルとなったWANIMAがカムバック!今年の秋には地元・熊本で初の主催フェス「1 CHANCE FESTiVAL 2022」を控えている彼ら。圧倒的な楽曲の強さで笑顔と涙をかっさらっていくステージ!ジャンルを超えてライブシーンを盛り上げ、聴く者の心を包み込んでくれるWANIMAが2年分の想いをぶつける大トリのステージに期待です。

板東さえかとラッシュボール

「BUMP OF CHICKENが大阪に来る!」ということで知ったのがこのRUSH BALL。泉大津フェニックスで初開催となった2005年、当時私は中学3年生でした。文通をしていたバンプ好きの他校の友人と南海堺駅で待ち合わせをして開場と共に足を踏み入れて以来、RUSH BALLにいかなければ夏を終わらせられない!と毎年参加。今年でRUSH BALL歴18年になります。

初めてのロックフェスは1組のアーティスト目当てで行きましたが、トップバッターからトリまで出演アーティストのステージでの立ち振る舞いやその時に聴いた曲など、今でも鮮明に思い出せるぐらい衝撃的な体験でした。いろんなフェスに行くようになったのもRUSH BALLがきっかけ。私の音楽ファン人生を語る上で欠かせない存在です。そんなRUSH BALLが歩みを止めることなく、今年も開催される喜び!毎年夏の終わりを泉大津で過ごす“恒例”を守ってくれていることに感謝でいっぱいです。安全第一、8月最後の週末をRUSH BALLで楽しみましょう。

RUSH BALL 2022

【ラッシュボール主催者インタビュー】コロナ禍でフェスを開催し続けられた理由。今年のガイドラインも発表

8月大阪「RUSH BALL 2022」開催決定。マカロニえんぴつ、BiSH、Creepy Nutsら出演

【サマソニ大阪】会場アクセス&ファッション情報〜大阪ならではの魅力を板東さえかが解説【Monthly BAN Choice】

板東さえかがOSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL2022(ジャイガ)の魅力を徹底解説【Monthly BAN Choice】

板東さえかが「OTODAMA’22 〜音泉魂〜」の魅力を紹介【Monthly BAN Choice】