「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」2024年は開催なし。佐藤タイジのメッセージも公開

毎年9月に開催されている「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」が、2024年は開催しないことを発表した。

「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」は、太陽光発電のエネルギーを活用した岐阜県のロックフェス。2022年には、環境省が主催した、環境と社会を良くする取り組みを表彰する「第10回グッドライフアワード」において、「環境大臣賞 NPO・任意団体部門」を受賞している。

佐藤タイジ氏 メッセージ

「中津川 THE SOLAR BUDOKAN に関して大切なお知らせ」

まずは能登半島地震で被害にあわれたみなさんにお見舞い申し上げます。そして能登半島地震で亡くなった方々、ガザやウクライナで亡くなった方々、BUCK-TICKの櫻井くん、The Birthdayのチバくん、八代亜紀さん、ご冥福をお祈りします。

つらいニュースばかりですが、私からもつらいニュースがあります。

中津川 THE SOLAR BUDOKANは今年開催いたしません。

2012年以降毎年再生エネルギーでフェスやって来ました。原発の電気が無くてもやれるんだと証明して来ました。コロナ禍もオンラインフェスとして潜り抜けました。
しかし財政的には火の車だったのです。
ソーラー蓄電池だけでフェスを開催するのは一般的電源よりはるかにお金がかかるのです。
しかも毎年の開催で実行委員会スタッフの疲労が蓄積してるのは私の目にも明らかでした。

我々には休息が必要なのです。

そして言っておきたいのは「私はTHE SOLAR BUDOKANをやめません。」
の一言です。
ソーラー蓄電池の音の良さの発見は私の人生を変えました。
私はこれからも再生エネルギーと音楽の接点でありたいのです。
2011.3.11以降再生エネルギーのシェアはもっと増えると思っていました。でも現実的には消費電力全体の20%弱。私の予想をはるかに下回るものです。
ソーラー電源によるイベントも思ったより増えていません。

もっとみんながとっつきやすい仕組みを業界から国から巻き込んで作るしかないのです。だってそこには未来があるんだから。

あちこちの学校でソーラー文化祭をやってみよう!
その為に環境省と話し合おう!
レーベルを立ち上げて新しい音楽を発信しよう!
その為に再生エネルギー業界全体と話し合おう。そしてお互いが機能し合えるメディアを作ろう!
気候変動を阻止すべくアフリカの砂漠をソーラーシェアリングで緑化しよう!
その為に小さくてもいいからアフリカでソーラーブドウカンやってみよう!

世界は待っているんですよ、新しい日本を。

1年休ませてください。
来年新しいTHE SOLAR BUDOKANやります。

THE SOLAR BUDOKAN
佐藤タイジ

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2023

奥田民生×TOSHI-LOW×ホリエアツシ×佐藤タイジ「THE SOLAR BUDOKAN」スペシャル座談会(FJPodcast 9月18日配信回)

「THE SOLAR BUDOKAN 2020 “Talk Illusion”」佐藤タイジ、武藤昭平withウエノコウジ、増子直純トーク

岐阜で開催されるフェスまとめ | 飛騨高山ジャズフェス、中津川 THE SOLAR BUDOKANほか

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979