【VIVA LA ROCK 2023】ビバラ第3弾発表でVaundy、ACIDMAN、SKY-HIら22組追加。日割りも公開

ビバラ2023

2023年5月3日(水・祝)~7日(日)の5日間に、埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催される「VIVA LA ROCK 2023」(ビバラロック)の第3弾出演アーティストが発表された。

今回追加となったのは、マキシマム ザ ホルモン、クリープハイプ、Vaundy、SKY-HI、ACIDMAN、Novel Core、Creepy Nuts、This is LAST、DJ ダイノジ、bokula.、BRAHMAN、TENDREら22組。

チケットは、「ビバラ公式アプリ」にて第2次先行販売が実施され、5日通し券(44,000円)、各種2日券(20,000円)、1日券(11,000円)を先着制にて販売中。受付期限は2月21日(木)23:59までとなっている。

「VIVA LA ROCK」プロデューサー 鹿野 淳 メッセージ

2023年になりました。今年もVIVA LA ROCKをよろしくお願いします。我々も年が明けて一気にバタバタしてきましたが、遂に10回目開催イヤーに入ったことで最高の充実感を覚えています。今年もさいたまスーパーアリーナでデッカいロックの祭典が開けることを嬉しく思います、よろしくお願いします!

22組の出演アーティスト第3弾発表と共に、ここまで告知させていただいた75組のアーティストの5日間にわたる日割り別の発表を行いました。今回の発表で10回目のビバラの流れを生々しく実感してもらえると思っています。ものすごく悩んだ上で、素晴らしいアーティストに5日間に分かれていただきました。毎回最初の何回かの出演発表は日割りをせずに発表するのですが、これには意味があると思ってやっています。

つまりは「それぞれの日がどういうラインアップになるか以前に、今回のビバラはどういうアーティスト達と共にみんなにガッツリと向かい合っていくのか」みたいな、言うなれば最高のアーティストとフェスの決起集会を見てもらうようなものだと思ってやっているのです。そういうプロセスを経て、こうやってそれぞれの日に分かれていただき、みんながどういう5日間、どういう1日を過ごすのかのきっかけを想像してもらう、そんな瞬間が今回の発表だと思っています。

どうですか?僕らは自信と誇りをもって今回の発表をさせていただきました。昨年の開催終了直後から、何度も何度も「次は10回目だ、念願の10回目だ」ということを言ってきました。それにふさわしい開催をするんだと話し合ってもきました。こういうのは精神論や根性論も含まれるものなんですが、それだけではマスターベーションになることもわかっています。そこで明確に10回目にふさわしいフェスを開催するということが何なのか?ということと向かい合い続けてきましたが、自分は「この国のロックフェスの『今まで』と『今』をちゃんと描くことが大事なんじゃないか、それが参加してくれるみんなに10回目のロックフェスとして一番楽しんでもらえることなんじゃないか」と思ったのです。

さらに具体的に言えば、この10年間のロックフェスならではのストーリーが見えるものでもあり、10年間のシーンの中でのアーティストやバンドマンの素晴らしくも壮絶な格闘を映し出すことでもあり、同時にそれだけではなく、これからに向けたロックフェスならではの展望をポジティヴに描き出すこと――それが今回のビバラの大いなる目標です。今回の発表の中で、素晴らしい参加アーティストのおかげで、その片鱗を感じていただきたいと願い、新規出演アーティストおよび日割り別の告知をさせていただきました。

今後の様々な告知も楽しみに待っていてください。僕らはブッキングの最終章を行いながら、同時に今回のビバラをここ何年間以上に自由で楽しいものにするべく、多くのことを決めたり準備したり話し合ったり交渉したりしています。屋外フリーフェスVIVA LA GARDENの4年ぶりの復活をメインに、他にも久しぶりに復活することも多いし、新しい試みもたくさん生まれるんじゃないかと思っています。

開催まで100日強となりました。気づけば桜に硬い蕾がつき始めています。きっとあっという間に春がやってきます。VIVA LA ROCK 2023、5月3日から7日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナにてみなさんを待ってます。

鹿野 淳(VIVA LA ROCK プロデューサー)

出演アーティスト

5月3日(水・祝)

-大森靖子
-THE ORAL CIGARETTES
-岡崎体育
-片平実(Getting Better)(NEW)
-KEYTALK
-キュウソネコカミ
-THE KEBABS(NEW)
-go!go!vanillas
-SHISHAMO
-SKY-HI(NEW)
-Chilli Beans.
-This is LAST(NEW)
-Tele
-Novel Core(NEW)
-MY FIRST STORY
-マカロニえんぴつ

5月4日(火)

-秋山⻩色
-クリープハイプ(NEW)
-スガ シカオ
-TAIKING (Suchmos)
-Dios
-TENDRE(NEW)
-Vaundy(NEW)
-Bialystocks
-BE:FIRST
-VIVA LA J-ROCK ANTHEMS
Ba:⻲田誠治
Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)
Dr:ピエール中野(凛として時雨)
Key:伊澤一葉
-BREIMEN(NEW)
-UNISON SQUARE GARDEN
-Ryu Matsuyama(NEW)
-ROTH BART BARON

5月5日(金・祝)

-indigo la End
-Ochunism(NEW)
-ODD Foot Works
-Creepy Nuts(NEW)
-Saucy Dog
-水曜日のカンパネラ
-SUPER BEAVER
-そこに鳴る(NEW)
-帝国喫茶(NEW)
-XIIX
-にしな
-BiSH
-フレデリック
-黑子首(NEW)
-凛として時雨

5月6日(土)

-打首獄門同好会
-大宮セブン
-サバシスター
-ジェニーハイ
-シンガーズハイ
-the dadadadys
-東京スカパラダイスオーケストラ
-totem ぽぉる(BRAND-NEW BAND STORY グランプリバンド)(NEW)
-Panorama Panama Town
-ハルカミライ
-the band apart(NEW)
-マキシマム ザ ホルモン(NEW)
-ヤバイ T シャツ屋さん
-ヤングスキニー

5月7日(日)

-ART-SCHOOL
-ACIDMAN(NEW)
-SiM
-四星球
-DJ ダイノジ(NEW)
-the telephones
-10-FEET
-ドミコ
-Dragon Ash
-ねぐせ。
-04 Limited Sazabys
-BRAHMAN(NEW)
-HEY-SMITH
-bokula.(NEW)
-ザ・リーサルウェポンズ
-ROTTENGRAFFTY



VIVA LA ROCK 2023

【VIVA LA ROCK 2023】ビバラ第1弾発表で、Saucy Dog、凛として時雨、SiM、大宮セブンら32組決定

【VIVA LA ROCK現地レポ】ビバラで感じた参加者マナーやコロナ対策について【#FJPodcast 5月7日配信】

GYAOで「VIVA LA ROCK」の魅力を徹底解説!2年連続出場のSaucy Dogが語るビバラの魅力とは?

埼玉で開催されるフェスまとめ | VIVA LA ROCK、SAI、ラブシュプほか

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979