4月渋谷「SYNCHRONICITY’22」第1弾発表でSPECIAL OTHERS、水曜日のカンパネラ、羊文学ら15組決定

シンクロニシティ フェス

2022年4月2日(土)・3日(日)に東京・渋谷にて開催される「SYNCHRONICITY’22」の第1弾出演アーティストが発表された。

今回発表されたのは、SOIL&“PIMP”SESSIONS、SPECIAL OTHERS、the band apart、toconoma、fox capture plan、水曜日のカンパネラ、羊文学、MONO NO AWARE、yonawo、YeYeら計15組。

「SYNCHRONICITY」は、「CREATION FOR THE FUTURE」をテーマに渋谷のライブハウスを中心に、近隣の飲食店やショップも参加する地域一体型の都市型ミュージック&カルチャーフェスティバル。2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響により中止となり、今年は3年ぶりの開催となる。

チケットは現在、イープラスにて早割通し券が2月9日(水)23:59まで先着順にて販売されている。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに沿って、人数を限定して開催される。

出演アーティスト

-SOIL&“PIMP”SESSIONS
-SPECIAL OTHERS
-the band apart
-toconoma
-fox capture plan
-水曜日のカンパネラ
-羊文学
-MONO NO AWARE
-yonawo
-YeYe
-Mellow Youth
-Monthly Mu & New Caledonia
-xiangyu
-Ko Umehara(-kikyu-)
-DJ New Action! (星原喜一郎 / 遠藤孝行)



SYNCHRONICITY’22

4月渋谷にて「SYNCHRONICITY’ 22」有観客で開催決定

元祖・都市型フェスの仕掛け人「SYNCHRONICITY」麻生潤が語る、都市でフェスを続ける理由

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979