ピンク・フロイド『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』購入者特典として箱根アフロディーテTシャツ限定復刻

50年前のピンク・フロイド初来日公演「箱根アフロディーテ」での映像を収録した、『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』(2021年8月4日発売)の購入者特典として「箱根アフロディーテ」50周年を記念した”箱根アフロディーテTシャツ“が限定復刻されることとなった。

対象商品(ピンク・フロイド『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』)を購入し、応募した方の中から抽選で300名様にプレゼントされる(応募券は初回生産分のみに封入)。50年前の「箱根アフロディーテ」Tシャツは、当時スタッフだけに配布された非売品で、アフロディーテ後もロジャー・ウォーターズガ愛着していたことが映像でも確認されている。今回は当時のイラストとロゴを使用したデザインでの復刻となり、ピンク・フロイドのメンバーや関係者にもプレゼントされることになっている。

【Amazon.co.jp限定】原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤) (メガジャケ付)

現存していた映像と新発見映像との比較映像

【箱根アフロディーテについて】

今から50年前。1971年(昭和46年)8月6日と7日2日間に渡って箱根芦ノ湖畔成蹊学園所有乗風台で開催された、ニッポン放送主催、海外アーティストを招聘した日本初の大規模野外ロック・フェスティヴァル。南こうせつとかぐや姫、トワ・エ・モア、尾崎紀世彦、ハプニングス・フォー、モップス、赤い鳥、ダークダックス、成毛滋 & つのだひろ、渡辺貞夫グループ、山下洋輔、菊地雅章、佐藤允彦他ジャンルを超えた当時の日本のアーティストとともに、海外からはピンク・フロイド(ヘッドライナー)、1910フルーツガム・カンパニー、バフィー・セントメリーが参加。いわゆるフジロックやサマーソニックの原点ともいえる、日本のロック・ファンが初めて経験した伝説の野外ロック・フェス。 前日には大雨というコンディションの中、すべてにおいて初めてのことばかりで、機材やPA含めて様々な困難の中実現した(実現までの秘話をデジタル・ブックレット『追憶の箱根アフロディーテ1971』に収録)。

【ピンク・フロイド初来日公演について】

当時はアルバム『原子心母』を1970年10月発表後、『おせっかい』はまだ発表前(1971年11月発売)という時期。ピンク・フロイドは「箱根アフロディーテ」フェスの大トリで出演。長いサウンド・チェックの後、「原子心母」でスタートし、「ユージン、斧に気をつけろ」「太陽賛歌」「エコーズ」「神秘」と全5曲を演奏(8/7は2曲目に「グリーン・イズ・ザ・カラー」を追加)。ステージの後ろには山、森に囲まれ、背後には芦ノ湖。新曲(当時未発売)の「エコーズ」を初披露した際には湖側から霧が立ち込め、野外で自然が演出した予期せぬ舞台効果もあり、神秘的、幻想的な伝説のライヴとして語り継がれることになった。ピンク・フロイドは当時まだ日本では珍しかった大規模なPAシステム使用し、それ以降の日本の音響、ステージ制作に多大な影響を与えたと言われている(「日本におけるコンサート音響」秘話をデジタル・ブックレット『追憶の箱根アフロディーテ1971』に収録)。1971年の初来日公演は8月6,7日箱根アフロディーテのあと8月9日には大阪フェスティバルホールで公演を行なっている(大阪公演の超貴重な公演ポスターを特典として復刻)。

50年前のピンク・フロイド「箱根アフロディーテ」映像が甦る、『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』2021年8月4日発売決定

ピンク・フロイド「箱根アフロディーテ」未発表写真発掘!『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』全60Pスペシャル・フォト・ブックに収録

ピンク・フロイド『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』
Pink Floyd / Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 50 Anniversary Edition)
2021年8月4日発売 SICP-6396~7 (CD+BD 2枚組)6,600円(税込)6000円(税抜)
完全生産限定盤/日本独自企画/7インチ紙ジャケット仕様/5大特典封入

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979