今年は入場無料!苗場の雪山フェス「Snow Light Festival」主催者にアクセス、宿泊、会場施設について聞いてみた

slf19-mv

都市型フェス「GREENROOM FESTIVAL」を主催するGREENROOM CO.が昨年新しくスタートさせた「Snow Light Festival」。夏には「FUJI ROCK FESTIVAL」が開催される苗場にて、ライブミュージック、スノーアクティビティやマーケット、さらに夜には花火まで楽しめて、今年は何と入場無料!

そんな新感覚かつ、お得な雪山音楽フェスについて、主催チームの吉田さん(統括部長)、大畑さん(PR/協賛担当)のお二人に、このフェスの魅力、さらにフェスに参加する際の、アクセス、宿泊、会場周辺おすすめスポットまで、細かい情報を直接聞いてみました。すでに参加を決めている方も、まだ迷っている方も、詳細情報をチェックして、3月の苗場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

「Snow Light Festival」とは?

slf-interview-2-2
左:大畑さん(PR/協賛担当) / 右:吉田さん(統括ディレクター)

-去年スタートした「Snow Light Festival」について、改めてどんなフェスか教えてください。

大畑:去年スタートした新しいフェスで、新潟の苗場スキー場を舞台にした雪山音楽フェスティバルです。雪山で良質な音楽を聴くという最高な体験ができて、スノーボード、スキーのほか雪のアクティビティも楽しめます。さらに暗くなると雪の中ライトアップされた空間も楽しめるのも特徴のひとつです。ウィンタースポーツ好きには新しい雪山の楽しみ方を生み出せると思っていて、音楽好きやフェス好きに対しては、雪山に来てもらうきっかけが作れたらと思っています。

-スキーやスノーボードができない方も遊びに行っても大丈夫なのですか?

大畑:もちろんスキーやスノーボードをしがてらというのが一番来てもらいやすいとは思いますが、去年も音楽だけ楽しみに来ていた人もいたので、気にせず遊びにきてもらいたいです。3〜4人くらいのグループで来ると宿泊や交通費も抑えられたり、キッズコンテンツもあるので、子連れの家族でも楽しめたりと、どんな方に来てもらっても大丈夫です。

-そもそもこのフェスがスタートしたきっかけって何だったのですか?

5月に主催している「GREENROOM FESTIVAL」は、”Save The Beach,Save The Ocean”のコンセプトを掲げ、海を大切にしていくという思いで15年にわたってフェスを作ってきましたが、海だけでなく、山も街も綺麗にしていきたいという思いが根本にあります。そういった中で、雪山で遊ぶことの楽しさ、そしてそのような自然環境の中で素晴らしい体験や感動をすることで、環境を守ることの大切さを伝えていきたいなと。

-雪山でのフェスということですが、欧米を中心に冬フェスのシーンが確立されてきていて、「Tomorrowland」も今年3月に新しい冬フェスをスタートします。そういったことも背景にあるのでしょうか?

そういったトレンドもある中、まだまだ日本では冬フェスは夏フェスに比べると一般的ではないので、まずは、雪山で良質な音楽を楽しめる最高な体験を伝えられたらと思っています。さらにスノーボードやスキーをはじめ、雪山にも様々なアクティビティや遊び、カルチャーがあるのでそれを触れるきっかけになれたらと。日本でも「豪雪JAM」や「APPI JAZZY SPORT」といった冬フェスもあるので、今後冬フェスのシーンを盛り上げていければと思っています。

次ページ
アクセス・宿泊・防寒対策を細かく解説!

Snow Light Festival 2019

1 2