開催直前!「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」フェス好きにお薦めのイベントをピックアップ!

2018年9月22日(土)〜10月12日(金)までの約1ヶ月間にわたって開催される、レッドブルによる都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」。計11個の個性的な音楽イベントが発表され、すでにチケットがソールドアウトしたものもあるが、今回はFestival Life編集部がフェス好きにぜひ体験してほしいイベントをピックアップ。今からでも間に合う「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の楽しみ方を紹介!

山手線で超レアなライブ体験を!


今回の「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の目玉イベントといっても過言ではない「62 MINUTES YAMANOTE LOOP」。東京を代表する電車「山手線」の車内に、DJ機材やサウンドシステムが持ち込まれ、ちゃんみな、Licaxxxといったアーティストによるスペシャルライブが披露される。電車内でライブイベントは時折見かけることもあるが、今回注目すべきは大崎駅13時18分発というダイヤ。つまり普通の土曜日に、他の列車が走る中でこのイベントが行われる。この貴重な体験ができるのは抽選に応募して選ばれた人のみ!応募は9月7日(金)20:00までなので急いで応募しよう!

62 MINUTES YAMANOTE LOOP
日程:2018年9月22日(土)開演13:18/終演14:20
会場:山手線(大崎)
料金:無料(応募招待制・抽選方式)
出演:ちゃんみな, Licaxxx, Omodaka a.k.a. 寺田創一
公式サイト

豪華アーティスト共演!昨年はサプライズも


4方向に配置されたユニークなステージ演出が話題となった「SOUND JUNCTION」が昨年に引き続き今年も開催決定。ひとつのライブが終わると別の角度から他のライブが始まるという新しい体験を味わえる。そんな特殊なイベントに出演するのは、きゃりーぱみゅぱみゅ、向井太一、RHYMESTER、Survive Said The Prophetという、ジャンルもばらばらな4組。4昨年は、水曜日のカンパネラのステージに加山雄三が出演するというサプライズもあったので、今年も何かを期待してしまう「SOUND JUNCTION」! 現在ペアチケット (50組100名様、うちVIPチケット4組)のプレゼントキャンペーンが実施されているので公式サイトをチェックしよう!

SOUND JUNCTION
日程:2018年9月23日(日)開場16:00/開演17:00
会場:ベルサール渋谷ガーデン(渋谷)
料金:前売5,000円
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ, 向井太一, RHYMESTER, Survive Said The Prophet
公式サイト

自宅で楽しめるレッドブルフェス!?


「行きたいイベントがすでにチケットがソールドアウトだった」「なかなか東京まで足を運べない」、そんな方にお薦めしたいのがストリーミング配信される2つのイベント。まず一つ目は、Red Bull Musicの人気コンテンツ「Lost in Karaoke」。新宿・歌舞伎町のド真ん中にある「カラオケ館 西武新宿駅前店」の7つの部屋からのパフォーマンスがライブストリーミング配信される。フェスシーンでも活躍するあっこゴリラ、ゆるふわギャングといったヒップホップ勢から、海外フェスシーンでも人気のBO NINGENのTaigen Kawabeのプロジェクトなど、見所満載の一夜になること間違いなし。

またもう一つストリーミング配信されるのが、「plug (24 Hours)」。TOKYOミュージックシーンの”イマ”を代表するクリエイターたちが24時間ノンストップライブで配信を行う。No.1 DJを決める大会「Red Bull Music 3Style」で日本人唯一の世界王者に輝いたSHINTAROをはじめ、現在の東京のシーンを引っ張る気鋭のアーティストが一堂に集う。自宅にいながら「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の世界観を味わおう!

LOST IN KARAOKE
日程:2018年10月2日(火)開演19:00/終演22:00
会場:カラオケ館西武新宿駅前店(新宿)
料金:無料(※本イベントはライブストリーミング配信のみ)
出演:あっこゴリラ, 極onTheBeats, バーチャルねこ, ゆざめレーベル, ゆるふわギャング, Albino Sound, Aya Gloomy, Batsu, DEADKEBAB & PSYCHIC$, DJ Kali, eill, galcid, KISEKI (Taigen Kawabe [BO NINGEN] x 食品まつり a.k.a foodman), Kotsu, LISACHRIS, Maika Loubté, Mecanika, Misumi, Tokyo Recordings, Wardaa, Weny Dacillo, YUKA MIZUHARA, ZVIZMO(テンテンコ× 伊東篤宏), MC ROOM: ポコラヂ (遠山啓一, Jun Yokoyama, Miii, tomad, Tomoya Matsumoto)
公式サイト

plug (24 Hours)
日程:2018年10月6日(土)開演12:00/7日(日)終演12:00
会場:Red Bull Music Studios Tokyo(渋谷)
料金:無料(本イベントはライブストリーミング配信のみ)
出演:Awich (YENTOWN), CALUMECS (Dosing), Carpainter (TREKKIE TRAX), DJ CHARI (BCDMG), DJ RINA, Jin Dogg, kZm (YENTOWN), MARZY (PROPERPEDIGREE / YENTOWN), Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX), MonyHorse (YENTOWN), PETZ (YENTOWN), Seimei (TREKKIE TRAX), SHINTARO, ShioriyBradshaw, starRo, Steffen¥oshiki (Dosing), WATAPACHI (PROPERPEDIGREE), Young Coco, Yo-Sea (BCDMG) and more
公式サイト

フェス出演者が集ったCMも現在公開中!

「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の開催にともない、Zeebra、向井太一、RHYMESTER、ちゃんみな、やくしまるえつこをはじめとする17組の出演アーティストが登場するCMが現在公開されている。渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンでは、5つのスクリーンを使った映像も展開されているので、近くを訪れた際はぜひチェックしてみてほしい。

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO

20年以上にわたって革新的な音楽フェスティバルやワークショップなどを行なってきたレッドブルが新しく手がける都市型音楽フェス「Red Bull Music Festival」。2017年の東京初開催を皮切りに、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、サンパウロ、トロント、イスタンブールなど現在では世界各都市に広がりをみせている。

【RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017】レッドブルとフェスの関係とは?