レッドブルの都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」1ヶ月間に11個の音楽イベント開催決定

レッドブルによる都市型音楽フェス「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」が今年も開催されることが決定した。テーマは「音楽の解放区」。東京の街全体を舞台にした音楽イベントの数々が、2018年9月22日(土)〜10月12日(金)までの約1ヶ月間にわたって開催される。

「今年は誰もが知っている、あの電車がライブハウスに?」、「カラオケ館 西武新宿駅前店を丸ごとジャックして、各部屋から気鋭アーティストのパフォーマンスをライブ配信」、「4方向に配置されたユニークなステージ演出で話題となったSOUND JUNCTION」など、会場と街の垣根をなくした、計11イベントが行われるとのこと。

詳細は近日発表予定となっている。

レッドブル・ミュージック・フェスティバルとは?

これまで20年以上にわたって革新的な音楽フェスティバルやワークショップなどを行なってきたレッドブルが新しく手がける都市型音楽フェス「Red Bull Music Festival」。2017年の東京初開催を皮切りに、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、サンパウロ、トロント、イスタンブールなど現在では世界各都市に広がりをみせています。

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018
日程:2018年9月22日(土)〜10月12日(金)
会場:都内各所
公式サイト