星を見ながら地元グルメを一気食い! | フェス飯ハンターの突撃フェスご飯!(岡山 hoshioto)

Festival Lifeで勝手にフェス飯ハンターを始めたヤマノマンです。大阪から車を走らせ約4時間。訪れたのは、岡山県井原市で開催された「hoshioto‘18」。2012年から「最高の星空の下で最高の音楽を」というコンセプトではじまったフェスで、2017年からは現在の会場である葡萄浪漫館に会場を移して開催されているローカルフェス。

Festival Lifeのインタビューにも登場している主催者の藤井さんは、ブッキング、予算管理、HP作成まで大半の仕事をこなすスーパー主催者。そんな藤井さんもぽっちゃり系男子なので飲食出店にはこだわっているんだろうと予想していましたがやはりその通り!味を分かってるんですよな、ぽっちゃり系は。ということで今回も限界を肥えるまで食べ歩きます!

1皿目:美星バーガー

美星の旬の食材が詰まったハンバーガー。フェスではこういう片手で食べられる食べ物が良いですね。バンズもチーズもパテも最高!ラッキョウがアクセントになっててばバッチグー!

2皿目:唐揚げカレー

炭水化物続けます。カレーに唐揚げ乗せちゃうとか美味しくないわけがないコンボ。肉の旨みと食感があって食べ応えのあるカレー!

3皿目:ガパオライス

3皿連続の炭水化物!半熟タマゴと癖のある味付けにしていたお肉が見事に混ざり絶妙!まさにペロリンチョです。

4皿目:溺れたエビカレー

出演者の「溺れたエビ!」というバンドにかけた溺れたエビカレー。エビの味、風味、出汁、旨みが出ていてめっちゃうまし!

5皿目:広島お好み焼き

せっかく広島に近づいたのだからお好み焼きは食べたいと思っていたところなんと出店が!さすが主催者の藤井さん!わかってるねぇ。大阪のお好み焼きは生地がぶ厚いですが、広島はかなり薄くて麺が多い印象。食べ応えもあり最高!

ラスト6皿目:えびめし

これは初めてみた食べ物!ソバメシみたいなかんじかなと思ってましたが、ソバは全く入っておらずデカ目のエビがいっぱい入っていました。エビはソースとも相性が良いのだと再確認。

以上、6皿でフェス飯ハントは終了。地元の食べ物や出演者に掛けた料理があったりと食べながら勉強になりました。「hoshioto」はキャンプもできるので、今年キャンプできなかった方は次回星空を見ながらのキャンプもオススメです・それでは今回はこのあたりで。ご馳走様でした~!!!

hoshioto

フェス主催者インタビュー | hoshioto(岡山・井原市)