【FUJI ROCK FESTIVAL’18】フジロック出演日別プレイリスト&見どころ紹介

タイムテーブルも発表され、今月末はいよいよ「FUJI ROCK FESTIVAL’18」(以下、フジロック)が開催されます。「今年どんなアーティストが来るのか正直まだよく分からない!」「予習したいと思っているけど、全然予習できていない!」という方のために、出演者の日別プレイリストと見どころを紹介します。

Day 1 (7/28 Fri.)

フジロック初日は、ソロ活動も勢力的にこなし、世界中で人気のファレル・ウィリアムスが所属しているバンドN.E.R.Dがグリーンステージのトリを飾ります。昔の曲をどんなアレンジで聞かせてくれるのかに注目です。他にも、POST MALONEやODESZAなど、今このタイミングで見ておきたいと思うアーティストが苗場で観られるチャンス。さらに、YEARS&YEARSやTUNE-YARDSらも初日のフジロックを盛り上げます。また、グリーンステージトリ前という大役を任されたのは、サカナクション。前回出演の際、ホワイトステージの入場規制で見られない人も多かった彼らのライブは必見。日本勢は、RUTE 17 Rock’nRoll ORCHESTRA、エレファントカシマシらの出演が決まっています。

Day 2 (7/29 Sat.)


2日目は、2018年のグラミー賞5部門を受賞したKENDRICK LAMARがグリーンステージのトリ。また、出演を予定していたJAMES BAYがキャンセルになった代わりに、JOHNNY MARRの出演が決定。個人的におすすめしたいのが、ホワイトステージに出演が決まっているFISHBONE。ロサンゼルスで結成されたスカを中心としたミクスチャーバンドですが、前回フジロックに出演した際は、観客を巻き込んだお祭り騒ぎ!ぜひ体験してみてください。さらに、同日ホワイトステージに出演するバスクのESNE BELTZAもお祭りムードを体験するにはぴったりのバンド。その他洋楽では、STARCRAWLER、SUPERORGANISMといった新人バンドや、MGMT、THE AVALANCHES(DJ SET)らも登場。日本勢は、ライブチケット入手困難なマキシマム ザ ホルモン、eastern youth、ROOKIE A GO-GO出演から、ついにホワイトステージに立つOLEDICKFOGGYの出演まで、さまざまなジャンルのアーティストがフジロック2日目を彩ります。

Day 3 (7/30 Sun.)


フジロック最終日グリーンステージのトリは、2016年にノーベル文学賞を受賞したBOB DYLAN。生きる伝説とも言えるBOB DYLANのライブは全来場者必見!またフィールドオブヘブンのトリにブルーグラス・カントリーのバンドGREENSKY BLUEGRASSが出演しますが、ディランのライブ開始時間が少し早いので被りを気にせず楽しめます。その他にも、フジロックではお馴染みのVAMPIRE WEEKEND、サーフミュージックに酔いしれることができるJACK JHONSON、ボーカルのローレンちゃんの可愛さが眩しいCHVRCHES、Blink-182のドラマーがライブに参加したり、何かと話題のTHE FEVER 333など、個性豊かな顔ぶれが揃っています。日本勢は、太鼓芸能集団の鼓童やSuchmosがグリーンステージに登場。ホワイトステージには、なんとMISIAがフジロック初登場!その他、cero、LEO IMAI、King Gunなどこちらも多彩な顔ぶれで、最終日を締めくくります。

【FUJI ROCK FESTIVAL】フジロック歴代出演者プレイリスト(1997年〜2018年)

多くのアーティストが出演するフジロックは、マイタイムテーブルを決めてもなかなか思い通りに見れないことの方が多いです。「あのバンド見たかったけど起きられなかった」「入場規制で身動きが取れなかった」など、フェスにハプニングはつきもの。そんな時出演するアーティストをあらかじめ知っておけば、観たいライブの選択肢が増えるので、ぜひプレイリストで予習してみてください。

Photo by official(宇宙大使☆スター)
Text by nadia

FUJI ROCK FESTIVAL

7月下旬に新潟県苗場スキー場にて開催される日本最大級の野外音楽フェス