岡山「hoshioto’22」のタイムテーブルが発表。Festival Lifeプレゼンツのトークコンテンツも発表

hoshioto'22

2022年5月28日(土)に岡山・葡萄浪漫館にて開催される「hoshioto’22」のタイムテーブルが発表された。

3年振りの開催となる「hoshioto’22」は6つのステージで開催され、ヘッドライナーはGRAPEVINEが務め、今年は約50組のアーティストが出演する。

昨年に引き続き、Festival Lifeプレゼンツのトークコンテンツも発表され、今回は、hoshioto主催者とやついフェス主催者であり、アーティストとしても出演するやついいちろうの対談が予定されている。

チケットは現在、eプラス、チケットぴあ、Peatixにて前売り券(7,000円)が販売中。また中高生や専門・大学生を対象とした学割券やキャンプ券、新幹線が停まる福山駅と会場を結ぶシャトルバスのチケットもあわせて販売中となっている。

タイムテーブル

出演アーティスト

-ircle
-アメノイロ。
-ウルフルケイスケ
-大平伸正
-クリトリック・リス
-クレナズム
-GRAPEVINE
-ココロオークション
-坂口有望
-さとうもか
-シンガロンパレード
-水中、それは苦しい
-SCOOBIE DO
-The Songbards
-樽木栄一郎×宮川剛DUO
-CHAI
-鶴
-toitoitoi
-ドミコ
-ドラマストア
-ナカコー+勝井祐二+沼澤尚
-成山剛(sleepy.ab)
-PAHUMA(a.k.a 金佑龍)
-番匠谷紗衣
-People In The Box
-ヒグチアイ
-土屋雄太
-眉村ちあき
-moon drop
-DJやついいちろう
-ヤユヨ
-Ryu Matsuyama
-ROLLY
-LOSTAGE
-渡辺諒(ANTENA)

other act

-近藤康平(ライブペインティング)
-星空メッセンジャー ササキユウタ
-BunbukuChagama(絵本+ギター)
-かがわスマイルキッズプロジェクト

オーディション枠

-新東京
-月と徒花
-aconeco
-city lights
-hizume

地元ライブハウス枠

-炙りなタウン
-umimiru
-グッドナイト流星群
-zoo
-THE HELLO WATER
-ヨークシン

hoshioto’22

岡山「hoshioto’22」第4弾発表で、眉村ちあき、ヒグチアイら18組追加。地元ライブハウス枠も発表

音楽フェスは地元の宝。市長と教授とローカルフェスの明るい話をしよう【#FJPodcast 11月6日配信】

フェス会場で翌年のラインナップを妄想会議 ゲスト:TENDOUJI アサノケンジ / 鶴 秋野温 / MC板東さえか【#FJPodcast 11月21日配信】

フェス主催者インタビュー | hoshioto(岡山・井原市)