「TOKYO JAZZ 2022 NEO-SYMPHONIC! CINEMA JAZZ」3年ぶりリアル開催決定

2022年8月19日(金)に、東京芸術劇場にて「TOKYO JAZZ 2022 NEO-SYMPHONIC! CINEMA JAZZ」が開催されることが発表された。

「TOKYO JAZZ」は、2002年から様々な東京の会場で開催されてきた、ジャズ・フェスティバル。21回目を迎える今年のテーマは「映画音楽とジャズ」で、オーケストラとジャズの融合をコンセプトに、挾間美帆がプロデュースする。新型コロナウイルスの影響でオンライン開催が続いていたが、今年は3年ぶりのリアル開催となる。

チケット価格は、S席:8,500円 A席:7,000円 B席:5,500円。芸劇メンバーズ先行発売が5月14日(土)から、一般販売は5月21日(土)からとなっている。

コメント

人生をかけての夢だった管弦楽ジャズ・コンサートのプロデュースが叶った「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」と、のちに首席指揮者を務めることになるデンマークラジオ・ビッグバンドをはじめ世界中のジャズ音楽家と私を繋いでくれたTOKYO JAZZ…
私の人生において、とても大きな意味を持つふたつのイベントがコラボレーションすることになり、大変興奮しています。TOKYO JAZZが創り上げてきた“祭典”の要素をより盛り上げようと、目も眩むような本当に素晴らしいゲスト・ミュージシャンたちが集まってくれました。今までのイメージを刷新する最新のシネマ・ジャズ・コンサートです。
どうぞご期待ください!

挾間美帆



TOKYO JAZZ 2022 NEO-SYMPHONIC! CINEMA JAZZ

日程:2022年8月19日(金)19時開演(18時開場)
場所:東京芸術劇場 コンサートホール(東京都豊島区西池袋1丁目8-1)
公式サイト

テーマは「音楽で世界を旅するフェス」。オンライン開催「TOKYO JAZZ 20th」にハービー・ハンコックのソロパフォーマンスやチック・コリアの追悼企画も

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979