クエストラブ初監督映画『サマー・オブ・ソウル』8月27日(金)公開決定、50年前の貴重なフェス画像も公開

今年1月に開催されたサンダンス映画祭のオープニング作品として上映され、ドキュメンタリー部門審査員大賞と観客賞をW受賞した映画『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』が、2021年8月27日(金)に日本で公開されることが決定し、あわせて場面写真も公開された。

1969年、ウッドストックと同じ夏、NYで30万人を集めたもう一つの大規模フェスがあった。若きスティーヴィー・ワンダーやB.B.キング、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズ、当時人気絶頂のスライ&ザ・ファミリー・ストーンなど、全米ヒットチャートを席巻していたブラック・ミュージックのスターが集結した幻の音楽フェス“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。しかし、その存在は50年間封印されていた…いまこの瞬間まで。

このフェスティバルの全貌をパワフルなドキュメンタリー映画として蘇らせたのが、4度のグラミー賞受賞者であり、「ザ・ルーツ」のドラマー/DJとして世界的人気を誇るアミール“クエストラブ”トンプソン。初監督作でありながら、一秒たりとも目を離せない見事な編集と演出力を披露し、サンダンス映画祭を熱狂の渦に巻き込んだ。クエストラブは、至高のライブパフォーマンスの数々と、生きたアメリカ現代史ともいえる貴重な記録映像を見事に織り込み、誇りと希望に満ち溢れたメッセージを観る者に投げかける。

『サマー・オブ・ソウル』USティザー予告

今回到着した場面写真では、伝説のスーパー・アーティストたちによる50年前の奇跡のパフォーマンス姿が切り取られている他、会場に詰めかける観客たちの姿や、カラフルでエネルギッシュなフェス会場全体の様子が分かるものが到着。パワフルで躍動感あふれる彼らの表情からは当時の熱気が伝わってくるようだ。さらに、ライブパフォーマンスのみならず、当時のファッション、カルチャーを垣間見ることができる貴重な画像となっている。

ハーレム・カルチュラル・フェスティバル



サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)
原題:SUMMER OF SOUL (OR, WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED
監督:アミール・“クエストラブ”・トンプソン
出演:スティーヴィー・ワンダー、B.B.キング、ザ・フィフス・ディメンション、ステイプル・シンガーズ、マヘリア・ジャクソン、ハービー・マン、デヴィッド・ラフィン、グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス、スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン、モンゴ・サンタマリア、ソニー・シャーロック、アビー・リンカーン、マックス・ローチ、ヒュー・マセケラ、ニーナ・シモンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン  © 2021 20th Century Studios. All rights reserved.
日本公開:2021年8月27日(金)
公式サイト:https://searchlightpictures.jp 

THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979