デイヴィッド・バーンとスパイク・リーのコラボが実現した映画「アメリカン・ユートピア」5月7日(金)より日本公開決定

2021年5月7日(金)に、映画「アメリカン・ユートピア」が日本初公開となる。

本作は、元トーキング・ヘッズのフロントマンでのデイヴィッド・バーンと『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞したスパイク・リーのコラボが実現したライヴ映画。

映画の原案となったアルバム「アメリカン・ユートピア」のワールドツアー後、19年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台が始まり、映像化の可能性を考えたデイヴィッド・バーンスパイク・リーに声をかけたことで映画化がスタートした。

デイヴィッド・バーンのライヴ映画には、トーキング・ヘッズ時代に「ストップ・メイキング・センス」(84年、ジョナサン・デミ監督)があるが、本作は、ドキュメンタリーでも記録映画でもない、新たなスタイルの作品となっている。

全21曲、107分ノンストップのステージで展開される本作は、5月7日(金)より、TOHOシネマズシャンテ・渋谷シネクイント他にて全国公開となる。



予告編

アメリカン・ユートピア
公開日:5月7日(金)~
会場:TOHOシネマズシャンテ・渋谷シネクイント他
公式サイト



THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979