BiSH、BiSらが所属する事務所WACKのオーディションを舞台にしたドキュメンタリー映画が1月15日(金)に全国公開

BiSHBiSEMPiREらが所属する音楽事務所WACKのオーディション合宿をテーマにしたノンフィクション映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』が2021年1月15日(金)に公開される。

本作は、2020年3月のWACKアイドルオーディション合宿に参加した約20名のアイドル候補生と、指導役として参加した現役グループからの選抜メンバー達の1週間と、その後の物語を映した新作ドキュメンタリー映画。

監督は、前作『世界でいちばん悲しいオーディション』、『IDOL-あゝ無情-』を手掛けた映画監督・岩淵弘樹、AV監督であり映画やテレビ番組も広く手掛けるバクシーシ山下、そして多くのアーティストの映像作品を監督しているエリザベス宮地の3名が務めた。

2021年1月15日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開予定となっている。



本予告

あらすじ

2020年3月、全国から合宿オーディションに集まった候補生たちの中でひと際目立つ2人がいた。咋年合宿に参加したが初日に脱落、後悔を原動力に再挑戦したワキワキワッキーと、「音楽で人の気持ちを動かしたい」が上手く表現できないインポッシブル・マイカ。殻を破ろうとする彼女たちに手を差し伸べるセントチヒロ・チッチ(BiSH)もまた苦悩していた。脱落した仲間の想いを背負い一歩ずつ進む2人だったが、あまりに辛い結末とライブのできない日々が待っていた。
先の見えないコロナ禍、夢を叶えるための壮絶な一週間と熱く熾烈な渦の中で彼女たちが掴んだものとは・・・

『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』

公開:2021年1月15日(金)~
上映館:テアトル新宿ほか
公式サイト



THE WORLD FESTIVAL GUIDE 海外の音楽フェス完全ガイド
津田 昌太朗
いろは出版 (2019-04-24)
売り上げランキング: 146,979