フェス好きにオススメ!「Red Bull Music Festival Tokyo」の個性的な3イベントをピックアップ

RBMF2019_calendar_Yoko

① Sevdaliza’s The Great Hope Design

エレクトロニック、トリップホップ、グライム、アバンギャルドまで幅広い音楽ファンを魅了するイラン人女性シンガー/プロデューサー、Sevdaliza待望の初来日。歌姫ビョークを彷彿とさせる神秘的でエキゾチックな雰囲気と、ダウンテンポでメランコリックな音楽性が注目を浴び、デビューアルバム『ISON』(2017年)は世界中のメディアが賞賛。ファッションやアートなどの芸術性も兼ね備えたアーティスティックなパフォーマンスを、東京を代表する文化施設「Spiral Hall」にて堪能ください。

日 時:2019年4月8日(月)開場19:00/開演20:00
場 所:Spiral Hall – Spiral 3F(青山)
料 金:前売2,500円
出 演:Sevdaliza
公式サイト

② Red Bull Music Festival Tokyo and 88rising present: Japan Rising

グローバルの音楽シーンにおいて、サウンドのみならずアイデンティティの地殻変動をも象徴する気鋭のレーベル/メディア、88risingとコラボレートしたスペシャルな一夜をレッドブルがお届け。ラインナップには本国アメリカからAUGUST 08が来日するほか、3月末にレッドブルから公開予定となっている88risingの長編ドキュメンタリーに登場するAwich、Jin Dogg、そして日米のハイブリッドなバックグラウンドから独自のヒップホップを体現するMIYACHI、CIRRRCLEが加わります。インターネットという武器を手に入れたヒップホップは、ますますユニバーサルかつダイナミックに進化を続けており、その前衛を垣間見るにはうってつけのライブ。長編ドキュメンタリーの詳細は、3月に改めて発表予定。

日 時:2019年4月10日(水)開場19:00
場 所:WWW X(渋谷)
料 金:前売2,000円
出 演:AUGUST 08, Awich, CIRRRCLE, Jin Dogg
公式サイト

③ A Conversation with YoshimiO + Performance by SAICOBAB

伝説のバンドBoredoms、OOIOO、SAICOBABなどの活動で、海外でも高い評価を受けている女性アーティストYoshimiOを迎え、彼女の音楽的バックグラウンドや思想、哲学について語ってもらうレクチャー。YoshimiOが自身の音楽について人前で語るのは初めてで、その貴重な生の声を訊けるまたとない機会。さらに、彼女がシタール奏者のYOSHIDADAIKITIとともに率いるバンドSAICOBABのライブパフォーマンスまで。会場には渋谷の「セルリアンタワー能楽堂」。現代音楽と日本伝統文化を発信する由緒正しき場所のコントラストもまた魅力のひとつに。

日 時:2019年4月11日(木)開場19:00/開演19:30
場 所:セルリアンタワー能楽堂(渋谷)
料 金:前売2,500円
出 演:YoshimiO, SAICOBAB
公式サイト

④ Red Bull Music Festival Tokyo x fancyHIM Shibuya Takeover

新宿2丁目発! 東京イチのファッションパーティ「fancyHIM」を渋谷で初開催。海外からニューヨークを拠点にアーティスティックな自己表現で知られるモデル/DJのJuliana Huxtable、米国ゲイカルチャーをルーツに持つボールルーム/ヴォーグ/ハウスシーンを代表するMikeQ、ビョークのメイクを手がけたことから一躍有名となったベルリンのドラッグクイーン・アーティストHungryなどを迎える。国内からは「fancyHIM」気鋭の若手からレギュラーメンバーも大集結して、音楽を中心にアート、ファッション、パフォーマンスショーまで、性別を超えた“ジェンダーレス”の最前線を体感できるアート×音楽の世界をお届けします。

日 時:2019年4月12日(金)開場・開演22:00
場 所:Contact(渋谷)
料 金:前売2,500円/当日3,000円
出 演:Hungry, Juliana Huxtable, MikeQ, DJ POIPOI, The KissBoyz, PELI, 清水舞手, CLOUDOM, DJ わびさび, fancyBOYS, FLAMINGOS, MONDO, 電気羊, KANATAN, 磯村暖, NUGA TORYFIERCE, Aya Gloomy, Bunta, KANATA.CIRCLEK, Toyota Junior, 92’ BABE, 浦丸真太郎
公式サイト

⑤ Methods and Modulations – A Warehouse Party

ダンスミュージックの原点でもあるウェアハウスパーティを都内某所で開催決定。無機質な倉庫や廃墟にサウンドシステムを持ち込み、最低限の照明や装飾だけでクラブミュージックを堪能する一夜。この夜は、世界を舞台にディープかつアグレッシヴに活躍する女性アーティスト5名が出演決定。カナダ・モントリオールからミニマルウェイヴ/コールドウェイヴの才媛Marie Davidson、ロシア出身の実験テクノプロデューサーMachine Woman。韓国出身で東京を拠点に活動するエレクトロミュージック・アーティストmachìna、東京テクノシーンの最深部で活動するMari Sakurai、ハウスを軸にテクノ〜インディロックをプレイするMayurashka。会場は直前まで非公開。どこで、どんな夜が繰り広げられるのか? 不安と期待が入り混じる緊張感の先にあるものは?

日 時:2019年4月13日(土)開場・開演22:00
場 所:都内某所(東京)
料 金:前売2,000円
出 演:machìna, Machine Woman, Mari Sakurai, Marie Davidson, Mayurashka
公式サイト

⑥ DâM-FunK – A Roller Skate Affair

70年代後半〜80年代に海外で大流行したローラースケートディスコを日本で再現。最高に調子イイ音楽とローラースケートで派手に踊ろう!DJにはアメリカ西海岸からモダンファンクの伝道師DâM-FunK。世界のディスコ&ハウスシーンで名を轟かす日本人プロデューサーデュオForce Of NatureのKzaが登場。ディスコ、ヒップホップ、ファンク、ソウル、ブギーまで、都内最大級の屋内ローラースケートリンク「東京ドーム ローラースケートアリーナ」が、時代や国籍を超えた1日限りの煌びやかなディスコに変身。グッドヴァイブスな音楽とローラースケートのプロダンサーによる華麗なステップに誰もが心踊ることでしょう!さあ、あなたもローラースケートアリーナの中心でディスコフィーバーしてみては?

日 時:2019年4月19日(金)開場18:30/開演19:00
場 所:東京ドーム ローラースケートアリーナ(東京)
料 金:前売2,000円
出 演:DâM-FunK, Kza
公式サイト

⑦ 花紅柳緑@浜離宮恩賜庭園 (KAKO-RYURYOKU at Hama-rikyu Gardens)

最終日は、高層ビル群に囲まれた都会のオアシス「浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)」を舞台に、国内外のアーティストたちが奏でるアンビエント・ミュージック(環境音楽)と光の演出で、自然とテクノロジーの共存をアーティスティックに表現。世界的に再評価が高まる日本のアンビエント・ミュージックの先駆者INOYAMALANDを迎え、YOSI HORIKAWA, HAIOKA, Kate NV, Nami Sato + LoradenizというRed Bull Music Academy卒業生の気鋭アーティストが、日本庭園という風趣に富んだ場所で環境に寄りそう「環境音楽」を奏でます。来場者は庭園を回遊しながら、彼らの奏でるアンビエント・ミュージック、そしてライトアップされた庭園の景観を楽しみ、歴史ある徳川幕府時代の遊興の場で、現代のエンターテイメントが再現されるのです。

日 時:2019年4月20日(土)開場19:00
場 所:浜離宮恩賜庭園(東京)
料 金:前売2,000円
出 演:INOYAMALAND, YOSI HORIKAWA, HAIOKA, Kate NV, Nami Sato + Loradeniz
公式サイト

Switch SPECIAL ISSUE ◆ Red Bull Music Academy Tokyo 2014
スイッチパブリッシング (2014-12-20)
1 2