「OTO TO TABI 2019」の第2弾出演アーティスト発表 今年のヘッドライナーは、蓮沼執太フィルに決定

2019年3月2日(土) に北海道・札幌芸術の森アートホールにて開催される「OTO TO TABI 2019」の第2弾出演アーティストおよび、今年のヘッドライナーが発表された。

今年のヘッドライナーは、蓮沼執太フィルに決定。他にも、ラッパー/ビートメイカーのKID FRESINOや、北海道在住アーティスト、フロアを盛り上げるDJ達も決定した。

出演アーティスト

-iri
-小山田壮平
-カネコアヤノ(バンドセット)
-金子智也(NEW)
-KID FRESINO(NEW)
-STUTS
-chikyunokiki(NEW)
-toe
-なかにしりく×いわたありさ(NEW)
-成山 剛(sleepy.ab)
-蓮沼執太フィル(NEW)
-Predawn
-BENBE(NEW)
-祭太郎(NEW)
-山田祐伸+横山祐太+塚野洋平(NEW)
-U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS

[DJs]
-OSSO(NEW)
-higecat(NEW)
-ROCK’IN’JECTION(NEW)

主催者コメント

「OTO TO TABI」とは、”北海道の冬に音楽フェスを”との想いから、ただの音楽好きが集まって2011年にスタートした音楽イベントです。北海道にも日本有数の夏フェスや特色あるローカルフェスがある中、私たちが厳しい冬に開催するのは、「北国の冬にしか感じることのできない景色・体感・生活」があるからです。それらと音 楽を中心とした冬のカルチャーをかけあわせて進化させ、まだこの世界にない音楽体験を北海道に生み出したいと考えています。

OTO TO TABI 2019