サーフ&ビーチカルチャーを発信するアートギャラリー「GREENROOM GALLERY Fukuoka」が11/21(水) オープン

2018年11月21日(水)にグランドオープンするマークイズ福岡ももち内に、「GREENROOM GALLERY Fukuoka」がオープンする。

「Greenroom Gallery」は、サーフカルチャー、ビーチカルチャーを発信するアートギャラリー。アートとビーチアイテム通して、海と共に生きるライフスタイルを提案する。2005年、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ、音楽とアートのカルチャーフェスティバルである「Greenroom Festival」のアートプロジェクトとしてはじまり、2010年、アートギャラリーとして海とサーフィンの聖地、ハワイ・ワイキキで誕生。日本は、2013年に鎌倉にオープン。そして2018年11月、九州初出店となる福岡店がオープンする。

オープンを記念してハワイのアーティスト、ヘザー・ブラウンが来日。21日(水)と22日(木)の二日間、新店舗にてサイン会が開催される。今回「GREENROOM GALLERY」のために描き下ろしたアートを含め、ラインナップ豊富に展開される。

GREENROOM GALLERY Fukuoka
オープン:2018年11月21日(水)
場所:福岡 マークイズ福岡ももち
公式サイト