【RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018】カラオケ館ジャック、山手線の車内ライブなど計11個のイベント内容があきらかに

A CONVERSATION WITH DAITO MANABE

閃きの裏側。

日本のカルチャーに一石を投じた著名アーティストを招き、貴重な経験談を直に聞ける講義。今回はメディアアーティスト、プログラマー、デザイナー、映像作家、DJ、VJと多種にわたって日本カルチャーシーンの最前線で活躍している真鍋大度を招き、彼のインスピレーションの源は? アートとは何か? 現在の活動、人生観、思想などをユニークかつリラックスした空間でオープンに語らいます。

日程:2018年10月3日(火)開場19:00/開演19:30
会場:コスモプラネタリウム渋谷(渋谷)
料金:前売980円
出演:真鍋 大度
公式サイト

plug (24 Hours)

24時間、ビートを止めるな。

TOKYOミュージックシーンの”イマ”を代表するクリエイターたちによる24時間ノンストップライブ配信プログラム。No.1 DJを決める大会「Red Bull Music 3Style」で日本人唯一の世界王者に輝いたSHINTARO、さらにTOKYOシーンのマスコット的存在のDJ MARZYによって、現在最注目ともいえるYENTOWNやTREKKIE TRAX、BCDMG、Dosing、PROPERPEDIGREE、tokyovitaminといった、まさにTOKYOの”イマ”を代表する”CREW”がRed Bull Music Studios Tokyoに集結。彼らの個性が24時間でひとつに繋がるとき、どんなミラクルが起きるのか? 今後も続々と参加アーティストが名乗りを挙げてくるだろう!

日程:2018年10月6日(土)開演12:00/7日(日)終演12:00
会場:Red Bull Music Studios Tokyo(渋谷)
料金:無料(本イベントはライブストリーミング配信のみ)
出演:Awich (YENTOWN), CALUMECS (Dosing), Carpainter (TREKKIE TRAX), DJ CHARI (BCDMG), DJ RINA, Jin Dogg, kZm (YENTOWN), MARZY (PROPERPEDIGREE / YENTOWN), Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX), MonyHorse (YENTOWN), PETZ (YENTOWN), Seimei (TREKKIE TRAX), SHINTARO, ShioriyBradshaw, starRo, Steffen¥oshiki (Dosing), WATAPACHI (PROPERPEDIGREE), Young Coco, Yo-Sea (BCDMG) and more
公式サイト

64 BARS LIVE

ラッパーの数だけ、ストーリーがある。

日本が誇るヒップホップ・レジェンドZeebraをキュレーターに迎え、Red Bull MusicのWEBサイト(https://redbull.com/64barsjp)で公開されたモノクロ映像シリーズ「64 Bars」がクラブイベントとして開催決定。1つのマイクに64小節のビートのみという究極にシンプルなフォーマットながら、ヒップホップMCが持つ表現者としての可能性を再確認させてくれたこのシリーズがライブギグとして帰ってくるとき、一体どんな化学反応が起きるのか? ヘッズにとってマストな1日となりそうだ。

日程:2018年10月8日(月・祝)開場17:00/開演18:00
会場:SOUND MUSEUM VISION(渋谷)
料金:前売2,000円
出演:Zeebra and more
公式サイト

「わたしは人類」インスタレーション+特別集会「国立科学博物館の相対性理論」

人類滅亡後の音楽。

音楽のみならず、アート、テクノロジー、文筆など多彩な分野において、一貫してインディペンデントでの活躍を続けるアーティストやくしまるえつこがバイオテクノロジーを用いて制作し、世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した作品『わたしは人類』。人類滅亡後のポストヒューマンさえも視野に、新しい音楽‒伝 達と記録、変容と拡散‒の形を探る試みであるこの作品を、地球や生命の歴史、人類や科学の歩みを問いかける「国立科学博物館」で一夜限りの特別展示。さらに、やくしまるえつこが率いるバンド、相対性理論がこの『わたしは人類』を演奏する100名限定ライヴパフォーマンスも同時開催。

日程:2018年10月9日(火)開場17:30/開演18:00
会場:国立科学博物館(上野)
料金:前売3,000円(インスタレーション・ライヴパフォーマンス共通)
出演:やくしまるえつこ / 相対性理論
公式サイト

THE CLOSING NIGHT

最後の宴。

約1ヶ月間にわたる「RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018」の最後を締めくくるオールナイトイベント「The Closing Night」は、Red Bull Musicが本来持つアンダーグラウンド精神を表現する場だ。この夜だけは好き勝手やらせてくれと言わんばかりにカテゴライズ不能。独創的でカッティングエッジなプロデューサー/DJたちが国内外から登場する。

日程:2018年10月12日(金)開場・開演21:00
会場:CIRCUS Tokyo(渋谷)
料金:前売2,000円
出演:LIL MOFO, Beautiful Swimmers, Sapphire Slows, Yoshinori Hayashi
公式サイト

【RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017】レッドブルとフェスの関係とは?

1 2