【FUJI ROCK FESTIVAL’17 】今年のフジロックの変更ポイント&新設されたキャンプサイトのステージをレポート

今年もフジロックが進化!新たな変更ポイントは?

昨年はリストバンドのICチップ導入や最奥地のオレンジ・カフェ登場、場内の一部で電子マネーが利用可能になるなど、大幅な変更が見られましたが、今年のフジロックもさらに進化。大小さまざまな変更・アップデートがあり、なかでも大きな変更ポイントを5つピックアップしてみました。

「GAN-BAN SQUARE」がリニューアル!バーカウンター併設に

アーティストのサイン会、深夜はDJが登場する「GAN-BAN SQUARE」が今年大リニューアル。これまで片側だけだったモニターは両サイドに増設。さらにはバーカウンターも併設され、日中から夜遅くまでたくさんの人で盛り上がりをみせてくれました。大沢伸一さんのステージに満島ひかりさんがサプライズで登場したことも話題になりました。

ワールドレストランが一新!「BLUE GALAXY」として新登場

雨が多かった今年のフジロックですが、雨宿りをしつつ、DJの流す音楽で踊って楽しむ人の姿も多く見られたのが「BLUE GALAXY」。レッドマーキーの向かいに位置したワールドレストランが一新し、「BLUE GALAXY」と名前を改め、新たにDJブースの配置されたテントが設置されました。また、同エリアの苗場食堂ステージも移動し、以前よりも広く、食以外にも楽しめるエリアへとさらに進化しました。

レッドマーキー天井に可動式ライト登場

屋内ステージであるレッドマーキーの天井には可動式ライトが設置され、アーティストのパフォーマンスにあわせて色が変化するようになりました。色だけでなく上下に動くことによって演出面がパワーアップ。特に深夜帯はより一層鮮やかに光を放ち、オーディエンスを沸かせていました。

ホワイトへの道が舗装され移動が快適に

移動の多いフジロッカーにとって一番大きな変更点に感じられたのは、グリーンステージからホワイトステージへの道の舗装ではないでしょうか。今回の舗装により例年より歩きやすくなり、雨が降っても滑りにくくなったため、快適にステージ間を移動することができました。

最奥地の遊び場が拡大!

昨年から屋根つきの休憩スペース、オレンジ・カフェが登場し、新たな休憩スポットとなった最奥エリア。このエリアにあるSTONED CIRCLEには、ボルダリングやスラックラインを楽しめるエリアが今年新たに併設され、大人から子供まで多くの人が楽しむ姿が見られました。

Camp Site Concierge photo:sumi☆photo
Other Photo by Etoo / Mibu Mariko
Text by Goto

FUJI ROCK FESTIVAL’17

日程:2017年 7/28(金) – 7/30(日)
場所:新潟 湯沢町苗場スキー場
公式サイト:http://www.fujirockfestival.com/

1 2