フェスな人005 | 夏の魔物・成田大致がフェスへの想いとユニット結成秘話を語る

成田大致とフェス

_mg_0129

——19歳という若さで「夏の魔物」というフェスを主催したわけですが、そもそもの成田さんの、フェスの原体験って何ですか?

高校生の時にいっぱいフェス行ってたんですよ。フジロックとかライジングサンとか。それぞれに色んな感動があって。今でもよく覚えているのが、ライジングサンでフィッシュマンズが復活したんですよ。野外でフィッシュマンズの音楽が流れていて、ちょうど夕暮れでUAさんが歌っていたのかな。それにすごく感動して。自分の原体験として、10代の時にフェスに行きまくったというのが、やっぱりフェスをやりたいという気持ちに繋がっていますね。あと、フジロックに初めて行った時に、当時僕に彼女がいて。まあ高校生ですし、遠くに行くからはしゃぐじゃないですか。そしたら、彼女が一緒に来れないことがわかって、「これはチャンスだ!」と思ったんですよね(笑)今でも覚えてるんですけど、ROOKIE A GO-GOのステージがある辺で、東京に住んでいる先輩に「今日泊まりに行って良いですか」って連絡して。それで次の日の朝にテントを片付けてる時に、なんかキャンプサイトの通り道から知っている人が歩いてきてるなと思って見たら、それが彼女だったんですよ。

——サプライズですね。

普通サプライズで彼女が来たら喜ぶじゃないですか、来れなかったはずの彼女が来たんだから。でも俺は全然「あ、来たんだ。」みたいな感じのリアクションをしちゃって。そしたら、彼女に感づかれてバレてグリーンステージ付近で地球が割れるくらいの大げんかしていなくなっちゃて。もう連絡もつかないし、あの広い苗場の中だから探せないし。でも彼女はUAが好きだったので、きっとUAが終わった瞬間なら捕まえられるんじゃないかと思って待ってたんですけど、来ないし。その時のことは色々覚えてますね。RED MARQUEEでLOSALIOSを見てる時に彼女にぶん殴られたりとか。

——フジロック自体は楽しめたんですか?

楽しめたというか、そういういざこざがあった中で流れている音楽ってすごく鮮明に覚えてますよね。JETのライブとか観てたら「Are you gonna be my girl?」って歌ってて、「あーやっぱりそうだよな」って思うみたいな(笑)。よく覚えてますね、The White Stripesを一人で観たこととか。とにかくフェスで見たものって、野外ってこともあるのかもしれないけど、鮮明に覚えているんです。だからそういう記憶に残るものを自分でも作ってみたいというのが、「夏の魔物」を開催しようと思ったひとつの理由ですね。

——他にも好きなフェスとか、気になるフェスってあるんですか?

氣志團さんの「氣志團万博」は最高だと思います。やっぱり空間として、本当は俺がやりたいものはあれだなって思います。アーティストのチョイスもそうですし、煽りっぷりというか、空間の作り方の好みが(綾小路)翔さんと似てると思うので。というよりも自分が好きで影響を受けてるんですけどね(笑)。なので「夏の魔物」も「氣志團万博」みたいになっていければなと思います。例えば、氣志團という象徴がいるように、夏の魔物も同じです。象徴的なものをフェスもユニットも合わせて作っていければなと思ってやっています。

©AOMORI ROCK FESTIVAL '15〜夏の魔物〜
©AOMORI ROCK FESTIVAL ’15〜夏の魔物〜

——フェスの主催者でありながら、フェス出演者でもあるわけですが、「夏の魔物」以外のフェスに出るとかはどうなんですか?

常に出たいと思ってますよ。「夏の魔物」のホストユニットとはいえ、他のフェスには全然出て行きますよ。フジロックもライジングサンもJOIN ALIVEも出たい!関西ならOTODAMAに出るのが夢です。他にもアラバキはいつもお客さんで行ってるし、出演者としていつか出たいと思ってますね。もちろん氣志團万博も。

——フェスの出演を意識した楽曲作りをしているんですか?

そうですね。パーティーソング的なものだったり、どの時間帯で出てもどんな規模のステージに出ても戦えるような曲を作ってます。今年はTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出たんですけど、こういう音楽とプロレスの融合みたいなユニットっていないじゃないですか。フェスという空間自体がクロスオーバーしてると思うんでけど、夏の魔物はまさにそういう存在なんです。TIFにも出るし、フジロックにも出たい。そういう振れ幅を持ってるバンドはなかなかいないんじゃないかな。

——存在というか発想がフェスの本質と近い気がします。

友達に「大致くんは「夏の魔物」という空間は作れるのに、バンドの作品で作れないのはなんでだろう」って言われたことがあって。確かにそうなんですよ、フェスに必要な起承転結というか、抑揚みたいなものが、以前は音楽活動に出せなかったんです。でも色々吹っ切れて、今の夏の魔物の活動ではそれが出来てると思うんですよね。

——今年の「夏の魔物」に行けば、アーティストとしての夏の魔物も、フェスとしての「夏の魔物」も存分に味わえると。

「夏の魔物」は今年で10周年なんで少しでも興味がある人には絶対来て欲しい。でもいきなり青森まで行くのは…という方もいると思うので、そんな方はまず9月16日(金)に恵比寿リキッドルームでファーストアルバム発売記念の「夏の魔物現象2016」というイベントに足を運んで欲しいです。そこで雰囲気を味わってもらって、それから10月1日(土)の「夏の魔物 10周年記念大会」に!

——では最後に、成田さんにとってフェスとはどんな存在ですか?

思い出がより特別なものになる場所かな。行くのも大変だし、天気もそうだし、それも含めた状況の中で音楽が鳴っている。そんな印象的なシーンを鮮明に覚えているし、色んな影響も受けてきました。今でもSEがなったシーンとかが思い出せたりするんです。あの感動はフェスでしか味わえない。そういう場にでてくときのアーティストの他では見られない”本気”を目撃しに行ってるんです。「やってやる!」みたいな。これを逃したら一生後悔するんじゃないかってのいうものが、観られるのがフェスの魅力ですね。緩いものには興味がない。だからこそ自分も、そういう本気を感じてもらえるものを作りたいと思ってます。

Interview & Text by Shotaro Tsuda
Photo by Chika Takami

夏の魔物 通常盤(CD only)

夏の魔物 通常盤(CD only)

posted with amazlet at 16.09.13
夏の魔物
ポニーキャニオン (2016-09-07)
売り上げランキング: 46,636

 

『夏の魔物』公式ユニット オフィシャルサイト
http://natsunomamono.com/dpg/

2016年9月7日(水)発売ファーストアルバム「夏の魔物」
http://mamonodpg.com/release_1stAL/index.html
・初回限定盤A(CD+DVD) ¥3,500(税込)/PCCA-04414
・初回限定盤B(2CD)¥3,500(税込)/PCCA-04415
・通常盤(CD only)¥3,000(税込)/PCCA-04416

【収録曲】※全形態共通
01:恋愛至上主義サマーエブリデイ
02:魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜
03:恋の天国はケモマモハート
04:爆裂レボリューション
05:SUNSET HEART ATTACK
06:世界は愛と夢で出来ている
07:東京妄想フォーエバーヤング
08:バイバイトレイン
09:ダーリン no cry!!!
10:どきめきライブ・ラリ
11:リングの魔物
12:未来は僕等の風が吹く
13:サマーロマンサー

2016年9月16日(金)開場16:30/開演17:30 @恵比寿リキッドルーム
夏の魔物ファーストアルバム発売記念
「夏の魔物現象2016」10th ANNIVERSARY BOM-BA-YE

出演:人間椅子、大森靖子、生ハムと焼うどん、ベッド・イン、吉田豪、夏の魔物+魔物BAND(ウエノコウジ・森信行・越川和磨・ハジメタル)、クロユリ from 夏の魔物、※スペシャルゲスト:大槻ケンヂ、and more…!!

2016年10月1日(土)@青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場
『AOMORI ROCK FESTIVAL’16 〜夏の魔物〜 10周年記念大会』

mm出演:夏の魔物withヒャダイン、曽我部恵一BAND(Vo,Gt.曽我部恵一 Ba.大塚謙一郎 Dr.オータコージ)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、大槻ケンヂ、人間椅子、BELLRING少女ハート、清 竜人25、藤井隆、POLYSICS、神聖かまってちゃん、グッドモーニングアメリカ、My hair is Bad、忘れらんねえよ、向井秀徳アコースティック&エレクトリック、ROLLY、SCOOBIE DO、うつみようこ、THE NEATBEATS、HINTO、バンドTOMOVSKY、ザ・チャレンジ、Wienners、アーバンギャルド、DOTAMA、Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)、MOSAIC.WAV、SuG、ベッド・イン、クリトリック・リス、ジョニー大蔵大臣、早見優、こぶしファクトリー、バンドじゃないもん!、ゆるめるモ!、PassCode、生ハムと焼うどん、Maison book girl、ライムベリー、The Idol Formerly Known as LADYBABY、椎名ぴかりん、デスラビッツ、二丁ハロ、吉田豪、杉作J太郎、掟ポルシェ、久保ミツロウ・能町みね子、小山健、伊藤賢治、DJやついいちろう、DDTプロレスリング、スーパー・ササダンゴ・マシン、火野裕士、クロユリfrom夏の魔物、and more…
公式HP:http://natsunomamono.com/
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/nnm/

フェスな人 コレクション

fesbasho-09
フェスな人001★デビルマン
フジロックや朝霧JAMなどでよく見かける「デビルマン」に突撃インタビュー!
URL:https://www.festival-life.com/29807.html
fesbasho-09
フェスな人002★パンダマン
フジロックに現れる、スーツ姿の「パンダマン」の正体は如何に!?
URL:https://www.festival-life.com/31143.html
fesbasho-09
フェスな人003★アリモトシンヤ
多くのフェスでファッションスナップを行う”美女ハンター”にインタビュー!
URL:https://www.festival-life.com/32009.html
fesbasho-09
フェスな人004★onちゃん
フジロックの会場でonちゃんに突撃インタビュー!
URL:https://www.festival-life.com/33294.html
fesbasho-09
フェスな人005★夏の魔物・成田大致
フェスの主催者にしてユニットを率いる成田大致が、
フェスへの思いとユニット結成秘話を語る!
URL:https://www.festival-life.com/35318.html
フェスな人006★てるてる坊主作家・Ken
さまざまなフェスやメディアで見かけるてるてる坊主の
作り手であるKenさんにインタビュー!
URL:https://www.festival-life.com/35904.html
フェスな人007★viviana zoe代表・三宅ひろみ
Festival Lifeとコラボも!スカーフブランド
「viviana zoe」のフェス好き女社長に話を聞いてみた!
URL:https://www.festival-life.com/41242.html
フェスな人008★ 阿蘇ロックフェスティバル発起人・泉谷しげる
“天空の音楽フェス”こと「阿蘇ロックフェスティバル」の
発起人・泉谷しげるに、阿蘇の大自然を舞台にした
このフェスならではの魅力を聞いてみました!
URL:https://www.festival-life.com/42247.html
フェスな人009★FM802 DJ・竹内琢也
FM802で多くの番組を担当する竹内琢也が
DJになったきっかけや関西のオススメフェスを語る!
URL:https://www.festival-life.com/42569.html
フェスな人010★ 「ULTRA JAPAN」クリエイティヴ・ディレクター小橋賢児
「ULTRA JAPAN」クリエイティヴ・ディレクター小橋賢児が次に手がける
未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」とは?
URL:https://www.festival-life.com/44424.html

★Festival Lifeでは、「フェスな人」に出演してくれる方も募集しています。自薦・他薦問いませんので、「フェスと言えばあの人!」「この人、フェスってる!」という方がいれば、コチラまでご連絡お待ちしています。

1 2