レポート

【ライブレポート】レキシ@ SWEET LOVE SHOWER 2017

法螺貝の音が鳴りバンドメンバーが入場すると、羽織り袴姿のレキシが登場。出迎えるように観客が持つグッズの稲穂が揺れ、四つ打ちビートのアッパーチューン「KMTR645」で幕開け。この曲のテーマである蘇我入鹿と掛けてイルカのビーチボールが観客の上を泳ぐ。続けて投下したのは最新シングル「KATOKU」。70年代オマージュの楽曲に合わせて観客に「拳をダサく!」と煽ると、LAKESIDE STAGEに沢山の“ダサい”拳が突き上げる。続く「SHIKIBU」では十二単を羽織り、聴く者観る者すべてを参加型で楽しませる。

「改めまして、ケビンコスナーです!」と冗談交じりの自己紹介で笑わせ、キレ味抜群のMCが炸裂。「年々稲穂が増えてる。」と言うと、まるで畑の様に観客の稲穂が高く上がる。稲穂ではなくすすきを持つ人を見つけ、「稲穂じゃないのがあるぞ!すすきは持ってくるな!」とツッコミ、稲穂のテーマ曲であり、曲が長いことで有名な「狩りから稲作へ」へ突入。「今年が最後の出演になるかもしれません…」と、この日出演するゆずの「夏色」を稲穂に替え歌にしたり、レベルの高すぎるファンクなコール&レスポンスを要求するなどやりたい放題。

「最後の曲となりました。次は武士の歌です!」とヒット曲「きらきら武士」を披露。最後に「ラブシャがすき〜♪」と替え歌にして歌い上げ、観客を歌わせ笑わせ楽しませるエンターテイメントファンクショーだった。

LIVE PHOTO

Text by Eriko Sakai
Photo by 岸田哲平

レキシ @SWEET LOVE SHOWER 2017
8/27(Sun)14:20〜 @LAKESIDE STAGE

1. KMTR645
2. KATOKU
3. SHIKIBU
4. 狩りから稲作へ
5. きらきら武士

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017

日程:2017年 8/25(金) – 27日(日)
場所:山梨 山中湖交流プラザきらら
公式サイト:https://www.sweetloveshower.com/
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/spaceshower_sweetloveshower/

SWEET LOVE SHOWER 2017
Festival Life特設ページ

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事