ニュース レポート

世界初の究極の未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」に15,000人が参加

日本が世界に誇る“花火”と最先端のテクノロジー、さらには国内最高峰のパフォーマンスが融合した世界初の未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」(スターアイランド)が、5月27日(土)に東京都のお台場海浜公園にて行なわれました。チケットは前売り、当日共に完売し、会場には15,000人の観客が来場しました。

今年初開催となるこの「STAR ISLAND」は、来たる2020年に行なわれる東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本の伝統文化である花火を音楽や3Dサウンド、パフォーマンス、ライティングなど様々な分野における国内屈指のクリエイターとともに新たなエンターテインメントへと進化させた一夜限りの新感覚花火イベント。今回の会場となったお台場海浜公園の砂浜には合計230台以上のスピーカーが並び、3Dサウンドデザインの パイオニアkatsuyuki setoがサウンドをプロデュースし、野外では世界初となる3Dサウンドとミュージック花火のコラボレーションが実現されました。さらには、国内外で広く活躍するパフォーマンスクリエイターの演出のもと100人を超える実力派パフォーマーが会場を盛り上げ、数々のビッグフェスティバルの照明を手掛けてきたライティングエンジニアのAIBAが光の演出でさらなる世界観を創りあげました。





総合プロデュース 小橋賢児の思い

イベントが終わった感想をお聞かせください。
準備まではすごく長かったのに、始まってみれば、2分ぐらいで終わったかと思うぐらい、花火のような儚い時間でした。

お客様の反応はいかがでしたか?
自分たちも初めて取り組んだエンターテイメントなので、まだ反響がわからない部分もありますが、 お客様の興奮や感動している様子を直接見ることができたので、嬉しく思っています。

自身の達成度はどれぐらいですか?
100%!と言いたいところですが、もっとできることがあるという反省と、さらに多くの人に感動や 驚きを与えたいので、次は120%を狙いたいですね。

来年に向けて意気込みをお願いします。
この未来型花火エンターテイメント、「STAR ISLAND」は、まだまだ進化します。そして、その進化は、来場してくださる皆さんと一緒に創るものだと思っています。 皆さんと一緒に、メイドインジャパンの花火エンターテインメントを世界に発信して、もっともっと 日本中を盛り上げていきましょう!来年もお台場で待ってます!

フェスな人#10 | 「ULTRA JAPAN」クリエイティヴ・ディレクター小橋賢児が次に手がける未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」とは?

STAR ISLAND

日程:2017年 5/27(土)
場所:東京 お台場海浜公園内
公式サイト:http://www.star-island.jp/

花火の図鑑
花火の図鑑

posted with amazlet at 17.05.29
泉谷 玄作
ポプラ社
売り上げランキング: 43,418

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事