レポート

3日間で12万人を記録した「ULTRA JAPAN 2016」を写真とともに振り返る!

pp-4411

9月17日(土)〜9月19日(月・祝)の3連休にTOKYO ODAIBA ULTRA PARKで行われた都市型ダンスミュージックフェスティバル「ULTRA JAPAN 2016」。開催初年度からその人気は加速し続け、3年目にしてついに来場者数12万人に!そんな超人気フェスにFestival Life編集部が潜入してきました。現地の様子を写真とともに振り返ってみます。

いざULTRA JAPAN会場に潜入

「ULTRA JAPAN 2016」では、大きく3つのステージが用意されていました。ステージによって、違った音楽や演出も楽しめるのが、このフェスの魅力。各ステージの様子を写真でご紹介します。

こちらがメインゲート!期待が高まります!

早速メインゲートを通過!期待が高まります!

芝生でゆったりと過ごすことができるので、踊り疲れたら休憩も

メインゲートをくぐるとゆったりとしたエリアULTRA PARKがお出迎え!

もちろんくつろげるだけじゃありません!

もちろんくつろげるだけじゃありません!DJブースも設置されており、来場者を出迎えてくれます!

昨年より更にエリアが拡大しより過ごしやすくなったVIPのみが入れるULTRA LOUNGE

昨年よりエリアが拡大し、より過ごしやすくなったULTRA LOUNGEがこちら

音楽通も納得のラインナップが揃うRESISTANCE

奥に進むとRESISTANCEステージが登場! 

そしてメインステージ。映像や火炎放射などド派手な演出

そしてULTRA MAIN STAGEでは、映像や花火、そして音楽が合わさった豪華な演出が味わえます!

ステージ以外も大充実の「ULTRA JAPAN 2016」

「ULTRA JAPAN」では、音楽以外にも楽しめるスポットが盛りだくさん!スマホゲームの「LUMINES」のブースでは、なんとSNSに投稿するとマイアミまでの航空券+「ULTRA MUSIC FESTIVAL 2017」の入場券が当たる超太っ腹企画が実施されていました。その他にもInstagramにぴったりなフォトスポット「ULTRA SNOW by au」が設置されていたり、「Galaxyラウンジ」では話題の360度のバーチャルリアリティ(VR)体験ができるコーナーも!こうしたブース巡りもまたフェスの醍醐味!

夏なのに冬?!ユニークなフォトブースには常に人気でした

夏なのに冬?!オモシロフォトブースには長蛇の列も!

話題のVRでULTRA JAPANのメインステージ体験。初めてのVRに皆大興奮

Gear VRを使って「ULTRA JAPAN」のメインステージ視聴体験。初めてのVRに大興奮!

充電スポットやゴミ拾いパフォーマンス、女性専用エリアなどホスピタリティも充実!

今年の「ULTRA JAPAN」はホスピタリティが大充実!世界初導入の女性専用エリアや、女性専用パルダールームなど女性に優しいエリアも登場した上に、美容師さんが髪型を整えてくれるヘアービューティーブースや嬉しい携帯充電ブース、クリーンな環境で気持ちよくフェスを楽しむためのゴミ拾いパフォーマンスなどなど、来場者に快適に楽しんでもらうのエリアをご紹介します!

メインステージ前に設置された女性専用エリア。安心して楽しむのにこれは嬉しい!

メインステージ前に設置された女性専用エリア。安心して楽しむのにこれは嬉しい!


ごみ捨て活動もスタイリッシュに!パフォーマンスをしながら観客も巻き込んでのクリーン活動

パフォーマンスをしながら観客も巻き込んでのクリーン活動!

次のページ:スターDJが揃った熱狂の3日間!

1 2

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事