レポート

子どもから大人まで気軽に参加できる音楽とアートの祭典「GREENROOM FESTIVAL」レポート

5月21日(土)・22日(日)の二日間、神奈川県の横浜・赤レンガ倉庫にて開催された「GREENROOM FESTIVAL 2016」にフェスティバルライフ編集部が潜入してきました。今年はラインナップがいつにも増して豪華だったこともあり、多くの音楽ファンの間で話題になっていた都心型フェスの様子を写真とともに振り返ります。

GREENROOM FESTIVALとは

DSC00918「GREENROOM FESTIVAL」はサーフカルチャー、ビーチカルチャーに根ざした音楽とアートのフェスティバル。横浜の海が臨める赤レンガ倉庫という会場で、音楽だけではなく、カルチャー・ライフスタイルを知り、体験し守っていこうという素敵なコンセプトのフェスです。

音楽とアートのフェスってどんな感じ?

DSC00986音楽フェスはわかるけどアートなフェスってどんなものがあるの?と疑問に思うかもしれませんが、アートギャラリーのような場所以外にもちょっとしたオブジェや装飾にこだわっていたりと、フェスの随所にアートな要素が散りばめられています。そんな会場内のオシャレな様子をお届けします!

DSC00979

タイムテーブルがアート風に!皆さんそれぞれお気に入りのアーティストをパシャリ!

登れるツリーハウス

案内板もオシャレ!

DSC00979

これもなんと手書き!Paint & Supplyというデザインユニットがチョーク一本で書いています

太っ腹!チケットがない人でも楽しめるエリアも!

「GREENROOM FESTIVAL」にはチケットがない人でも入れるエリアがあり、休日にふらっと赤レンガに遊びに来た人たちにも、気軽に楽しめるようになっています。こういった参加者以外の人にもフェスの雰囲気やGREENROOMのカルチャーに触れてもらう機会を拡げることが、結果的にビーチやサーフカルチャーへの理解に繋がるのかもしれませんね。

DSC00979

お気に入りの物があれば購入も可能なアートギャラリー


DSC00979

OCEAN PEOPLEというエリアには、アパレル、飲料、雑貨、フードなどさまざまな出店も

DSC00979

フィルムシアターには、カフェも併設されていおり、食事をとりながらゆったり映画鑑賞♪

家族連れからカップルまで、幅広い層が楽しめる会場づくり

会場を歩くと小さいお子さんをつれた家族連れやカップル、さらにはご高齢な方まで本当に幅広い層の方々が終演まで元気に楽しんでるのを目にしました。フェスというと、やはり多少ハードなイメージがありますが、「GREENROOM FESTIVAL」はまさに”快適”そのもの!会場がコンパクトなので各ステージが程よい距離感にあり、移動も疲れにくく、ハンモックエリアや芝生のエリアも多数あることで、休憩がいつでもとれます。気軽に休めて気軽に遊べるのが快適さの秘密かもしれません!

GOODWAVEステージ

芝生でくつろいでいたご家族をスナップ♪娘さんもご機嫌です(笑)

なんと子ども用のディスコも!

親子でワークショップも楽しめます!

GOODWAVEステージ

こんな感じにまったりとアーティストを観られるのもフェスの醍醐味!

GOODWAVEステージ

お腹が空いたらフェス飯を堪能!フェス飯のレベルも高い!

GOODWAVEステージ

喉が渇いたらオフィシャルバーへ。水着のお姉さん達が元気に対応してくれます!

GOODWAVEステージ

お目当てのアーティストの合間にみんなで芝生の上で休憩しつつ乾杯〜♪

GOODWAVEステージ

ハンモックエリアでラブラブなカップルを発見!

夜になるとライトアップされ、一気にロマンチックな雰囲気に!

夜になると会場が続々とライトアップされるのですが、それがまた綺麗でロマンチック!海の近くということも相まって雰囲気は最高でした。こんなステキな空間に気になるあの人と来れたら…もしかしたらがあるかもしれませんよ!?

GOODWAVEステージ

GOOD WAVEステージのライトアップ。ここで聞くSPECIAL OTHERSは最高でした!

GOODWAVEステージ

会場だけではなく横浜の夜景も楽しめます!

GOODWAVEステージ

フードエリアもとってもいい雰囲気に!

GOODWAVEステージ

船に乗ってDJのプレイも楽しめちゃいます!夜の便は景色も格別です!

次のページ:今年も沸いた!白熱のライブレポート!

1 2

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事

FESTIVAL NITE