インタビュー ピックアップ

フェスな人009 | 自他ともに認めるフェスフリーク!FM802 DJ竹内琢也に話を聞いてみた

フェスで見かけたあんな人やこんな人、有名無名問わず最高に楽しんでいる(=フェスってる)人たちにインタビューする「フェスな人」。今回は、FM802で多くの番組を担当し、フェス情報も多く発信している竹内琢也さんが登場!現在は、FM802にて「BEAT EXPO」(月/火19:00-21:00)、「DASH FIVE!」(木/金05:00-07:00)を担当しているフェス好きDJの竹内さんが、ラジオDJになるきっかけ、さらに関西のフェス事情を語ってくれました。

FM802DJ・竹内琢也さんにインタビュー


-そもそもラジオDJになったきっかけを教えてもらえますか?

ラジオDJになるのが夢だったので、大学時代に広島のラジオ局に「仕事ないですか?」と空気を読まずに行ったことがきっかけです。最初はもちろん断られたのですが、たまたま面白がってくれる人がいて、「仕事はないけど、とりあえず見学に来たら?」と言ってもらえたんです。

-何のツテもなくいきなりですか?

そうなんです。本当に空気を読まず、学生のノリで「何かないですかね?」って感じで。そこからラジオ局に出入りするようになって、いろいろ勉強させてもらって、その半年後くらいにコミュニティFMで週に1回、10分だけ喋らせてもらうコーナーを作ってもらえたんです。

-スピード出世じゃないですか。

本当にたまたまで運が良かったんですけど、コーナーの企画出しとかもやっていたのが功を奏して。そのときの企画が、アメリカとヨーロッパ以外の国の音楽を紹介するという結構偏ったものだったんですけど(笑)

-渋いコーナーですね(笑)

モロッコのポップスとか、他のラジオからはあまり流れてこないような音楽を流すという。それを1年間続けたあと、大学4年生のときにFM802のDJオーディションを受けて合格したんです。大学4年生の最後の1ヶ月は広島と大阪を往復する生活をして、4月に引っ越しして、そのまま8年間大阪に住んでいるって感じですね。

-今はどんな番組を担当されているんですか?

現在はFM802で「BEAT EXPO」(月/火19:00-21:00)、「DASH FIVE!」(木/金05:00-07:00)という2つの番組を担当していて、週4日喋ってますね。

-竹内さんとはいえばフェス好き、アウトドア好きのイメージなんですが、どういう風にフェスに携わっているのですか?

そもそもめちゃくちゃフジロックが好きで、仕事関係なく遊びに行ってたんです。はじめて行ったのは2009年で、オアシスがヘッドライナーだった年でした。

-大雨のオアシスのときですね。

大雨でした。それからずっとフジロックは行ってて、仕事というよりは普通にプライベートで行って、テント泊して、というような感じだったんです。そんなときにFM802で、フジロックの特番をやるってなったときに、「あいつずっと行ってて、好きらしい」みたいな感じで話になったらしく、たまたまタイミングよく僕が担当することになったんです。

-そこからはDJとして仕事でも参加されるようになったと。

そうですね。いまだにキャンプサイトでちゃんと自分でテントを張って楽しんでますけど(笑)

-何かDJならではのフェスのエピソードとかありますか?

エピソードはたくさんありますね。どこまで言っていいのか分からないも多いですが(笑) そもそもインタビューできるかどうかも当日まで分からないことも多くて、ほんとドタバタの中インタビューをすることも多いです。インタビューのオファーを出して、すぐに返ってくる場合もありますけど、事前にNGが出ていたのに、当日のほんとギリギリになって、「インタビューしていいよ」みたいなこともあったり(笑)

-やるか分からないインタビューがたくさんあると。

そうですね。去年のフジロックだとJAKE BUGG、TRAVIS、YEARS&YEARS、G.LOVE、BECKをインタビューさせてもらったんですけど、フジロックの会場に入ってからインタビューできると返事をくれたアーティストもいて。ただどれだけスケジュールで振り回されても、会ってインタビューするとやっぱり好きになっちゃうんですよね(笑)

-実際に会えるのはインタビュアーの醍醐味ですよね。

そうですね。あとライブ前にインタビューをするパターンとライブ終わりにするパターンがあって、両方ともそれぞれに良さはあるんですけど、やっぱりライブ前にインタビューしておいて、そのメンバーが大きなステージに登場したときには本当に感動しますね。さっきまで和やかだったのに、ステージに上がるとやっぱりアーティストは、オーラが凄いので。そういった楽しみ方ができるのもこの仕事ならではですね。

次ページ:竹内琢也に訊く、関西お薦めフェス&フェスの魅力

1 2

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事