フェス

地元グルメやあの名店の味も楽しめる!サマソニを美味しく楽しむソニ飯特集

今週末は待ちに待った「SUMMER SONIC 2016」(以下サマソニ)開催!タイムテーブルのチェックは万全かと思いますが、フェスの楽しみは音楽だけあらず。最近フェスのご飯はすごく美味しいんです。空いた休憩タイムに『ソニ飯』を食べて栄養補給しませんか?今年もサマソニのグルメ屋台は、なかなか食べられない名店や人気店が勢揃い。ガッツリ食べてパワー全開!ヒンヤリスイーツでクールダウン。今回は東京会場で提供される地元の絶品フェスご飯の一部をご紹介します。ぜひあなたのタイムテーブルにいれてみてはどうでしょうか。

元気みなぎる絶品おすすめフード5選

201608summersonic

西麻布けんしろう「必殺!けんしろうステーキ」

場所:MAKUHARI MESSE AREA MESSE 6 HALL
なんといってもフェスで欠かせないのは肉!そして肉といえば西麻布の名店「けんしろう」。知る人ぞ知る人気焼肉店で、食べログでの評価はなんと星3.8個!芸能人も通うという高級店ですが、満を持してソニ飯に登場。上質なステーキがなんと1000円!同じ価格でどんぶりも提供してくれます。

201608summersonic

元祖浅草そば 大娯「浅草下町冷やしうにそば」

場所:MAKUHARI MESSE AREA MESSE 6 HALL
「元祖浅草そば 大娯」は東京で食べられるわんこそば屋として有名ですが、1日限定10食のうに蕎麦でも有名。そんなうに蕎麦がソニ飯で食べられちゃいます。美味しくお腹を満たしつつ、たっぷりと栄養補給してサマソニに挑みましょう。

201608summersonic

まぐろの魚二「まぐろ中とろ丼」

場所:MAKUHARI MESSE AREA MESSE 6 HALL
他のフェスでも珍しいマグロ丼をソニ飯で出しているのは「まぐろの魚二」だけ。以前は「まぐろ茶屋」という名前で出展していましたが、2013年から「まぐろの魚二」に。静岡県の焼津漁港のまぐろをふんだんに使ったまぐろ丼はサマソニに来たら一度は食べていただきたい一品!

201608summersonic

スーパーチキンファクトリー「超巨大ドラゴンチキン」

場所:MAKUHARI MESSE AREA MESSE 7 HALL
フェスといったらビール!ビールのお供といったらやっぱり揚げ物!スーパーチキンファクトリーのフライドチキンは、手のひらよりデカイ!大きいだけじゃなく、衣はクリスピー、台湾風のスパイスが香る、おつまみに最高な一品。ぜひビールと一緒にかぶりついちゃってください。

201608summersonic

Pacaya Coffee with WORLDS FAVORITE SANDWICH centre「ブラジリアンホットドッグ」

場所:SEASIDE VILLAGE AREA
まず、ブラジル直輸入の大きなソーセージにはハーブが効いていてさわやかな絶品ホットドッグ。さらにトッピングのパセリの香りと酸味の利いたドレッシングの清涼感がたまりません。イベント出店のみの店舗とのことのでぜひお見逃しなく。

火照った体を冷ます地元のクールなスイーツ

201608summersonic

Bocchi「ピーナッツペーストとミルクソースのかき氷」

場所:GREEN FIELD AREA
国産ピーナッツの8割は、サマソニ開催地である千葉県で収穫さているって知っていましたか?そんな千葉の名産ピーナッツを上質なスイーツにしたのが「Bocchi」のピーナッツペーストとミルクソースのかき氷。「Bocchi」が作るピーナッツペーストは職人によって作られる一級品!なかなか普段のスーパーマーケットでは手に入らないので、この機会に千葉の味覚に舌鼓を打ちながら、冷たいカキ氷で体をクールダウンしてみてはいかがですか。

201608summersonic

千葉うまかっぺ屋「千葉県産富里すいか氷削り」

場所:GREEN FIELD AREA
日本の暑い夏には冷たいスイカが定番ですが、熱いフェスにはもっと冷たいスイカで熱を冷まししましょう!千葉の富里産のスイカをふんだんに使い、芳醇な味わいに甘さを引き立てる九十九里の塩がアクセント。暑さでダウンする前にキンキンのカキ氷でキリッと身を引き締めていざ会場へ。

***

年々進化していくソニ飯ですが、今回はその中でもFestival Life編集部おすすめのお店をご紹介しました。紹介したソニ飯以外にも、まだまだ沢山の美味しいフードやスイーツが販売されています。あなたのベスト『ソニ飯』をぜひ探してみてください!

Text by Kuzuya
Photo by SUMMER SONIC Official

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事

FESTIVAL NITE