フェス

フェスシーズン本番!編集部がオススメする夏フェス10選(関西篇)

2016年もいよいよ夏フェスシーズンがやって来ました!フェスラバーのみなさん、今年の夏フェスのチェックはできていますか?まだできていないという方のために、今回から7月~9月に開催される編集部オススメの夏フェスを地域別にご紹介。第1弾は関西編をお届けします!

関西で7月~9月に開催されるオススメ夏フェス10選

京都大作戦 2016

kyotodaisakusen
数々の大型フェスでヘッドライナーを飾ってきた10-FEETが、地元・京都で開催し続けてきた「京都大作戦」。2日間にわたり、Ken Yokoyama、Dragon Ash、MONOEYES、WANIMAなど合計29組の熱い面々が、源氏ノ舞台と牛若ノ舞台の2ステージで夏フェスシーズンの口火を切ります。関西の夏は、今年も「京都大作戦」からスタート!

201607kyotodaisakusenn
日程:2016年 7/2(土) – 7/3(日)
場所:京都 太陽が丘特設野外ステージ
出演:10-FEET、Ken Yokoyama、東京スカパラダイスオーケストラ、ストレイテナー、WANIMA etc.
公式サイト:http://www.sound-c.co.jp/kyotodai/

ROKKO SUN MUSIC 2016

rokkosunmusic
兵庫県にある六甲山で開催される「ROKKO SUN MUSIC」。今年はOverground Acoustic UndergroundハンバートハンバートCaravanらが涼し気なステージを披露します。気持ちの良い原っぱで開催され、会場がある六甲山カンツリーハウスには子どもも遊べる野外施設もあるため、親子での参加もオススメです。

201607rokkosunmusic
日程:2016年 7/2(土) – 7/3(日)
場所:兵庫 六甲カンツリーハウス内 特設会場
出演:OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、OGRE YOU ASSHOLE、8otto、ハンバート ハンバート、The fin. etc.
公式サイト:http://www.rokkosun-music.com/

FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016

meettheworldbeat
関西のロックキッズたちに愛され続けているラジオ局「FM802」が、1990年から開催してきた「FM802 MEET THE WORLD BEAT」。2014年は台風のため全面中止、2015年は雷雨のため途中で中止と過去2年天候に恵まれなかったため、今年は晴天での開催が期待されます。出演はフレデリック、三戸なつめ、キュウソネコカミといった関西勢を含む計10組。なかでも昨年トリでのライブが予定されながら中止となってしまったコブクロが、今年どんなリベンジを果たすのか注目です!

201607fm802
日程:2016年 7/17(日)
場所:大阪 万博記念公園自然文化園「もみじ川芝生広場」
出演:コブクロ、高橋 優、キュウソネコカミ、flumpool、BLUE ENCOUNT etc.
公式サイト:http://funky802.com/meet/

Talking Rock! FES.2016

talkingrock
音楽雑誌「Talking Rock!」の創刊20周年を記念し、5回目にして初めて野外で開催される「Talking Rock! FES.2016」。ASIAN KUNG-FU GENERATION、Base Ball Bear、クリープハイプといった、同誌でおなじみのバンドが多数出演します。「Talking Rock!」を読んで育ったフェスラバーははずせないアニバーサリーフェスです!

201607talkingrock
日程:2016年 7/23(土)
場所:大阪 泉大津フェニックス
出演:エレファントカシマシ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOON、ACIDMAN、androp、THE BAWDIES、Base Ball Bear etc.
公式サイト:http://www.talkingrock.jp/2016/

ONE Music Camp 2016

onemusiccamp
兵庫県の山のなか、三田で開催される関西では数少ないキャンプインフェスが「ONE Music Camp」。”みんなであそぶフェス”をコンセプトにした完全インディペンデント型の野外フェスで、広すぎず狭すぎず、会場が一体となって夏のキャンプを楽しめます。出演者もOverground Acoustic Underground、ワンダフルボーイズ、fulaといったコンセプトにぴったりなバンドたち!今年の夏の思い出に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

201608onemusiccamp
日程:2016年 8/20(土)
場所:兵庫 三田アスレチック
出演:あらかじめ決められた恋人たちへ、of Montreal、MASS OF THE FERMENTING DREGS、思い出野郎Aチーム、MONSTER大陸、JinnyOops! etc.
公式サイト:http://onemusiccamp.com/

SUMMER SONIC 2016

summersonic_osaka
言わずと知れた日本の4大夏フェスの一つ「SUMMER SONIC」。今年新アルバムを発売したばかりのRadiohead、Underworldがヘッドライナーを務め、再結成を果たしたTHE YELLOW MONKEYが出演するなど2016年も見どころ満載!この夏、サマソニでしか味わえない貴重なステージばかりで見逃せません!

201608summersonic
日程:2016年 8/20(土) – 8/21(日)
場所:大阪 舞洲サマーソニック特設会場
出演:Radiohead、Underworld、サカナクション、WEEZER etc.
公式サイト:http://www.summersonic.com/

RUSH BALL 2016

関西最大級の夏フェス「RUSH BALL」は今年も2DAYSでの開催!Dragon Ash、BRAHMAN、BIGMAMAといった常連組のほか、キュウソネコカミ、ドラマチックアラスカ、ヤバイTシャツ屋さん、パノラマパナマタウンなど関西発のバンドが数多く出演します。暑い陽射しを浴びながら、ロックとともに全力で盛り上がりたい人は今年も「RUSH BALL」へ!

201608rushball
日程:2016年 8/27(土) – 8/28(日)
場所:大阪 泉大津フェニックス
出演:Dragon Ash、MAN WITH A MISSION、SiM、BIGMAMA、キュウソネコカミ、WANIMA etc.
公式サイト:http://www.rushball.com/

OTODAMA’16~音泉魂~池田編

otodama
関西のプロモーター「清水音泉」が主催する、温泉をモチーフにした関西ならではのユーモアが人気の「OTODAMA」。今年は池田編と題され、レキシがヘッドライナーと務めるとみられます。ほかには、昨年の大トリを務めるも今年は「RUSH BALL 2016」へ”浮気”したためオープニングアクトへ格下げされた“キョネンオオトリ”ことキュウソネコカミや、フラワーカンパニーズ、ハナレグミなどが出演。今年も「OTODAMA」ならではのお祭りを楽しみましょう!

201609otodama
日程:2016年 9/3(土)
場所:大阪 泉大津フェニックス
出演:レキシ、水曜日のカンパネラ、ハナレグミ、夜の本気ダンス、Suchmos etc.
公式サイト:http://www.shimizuonsen.com/otodama/16/

港町ポリフォニー2016

夏フェスといえば野外でロックミュージックで盛り上がるイメージだけど、屋内で心地良い演奏を楽しみたいという方にオススメなのが「港町ポリフォニー」。bonobos、土岐麻子、二階堂和美、ショピンら多種多彩で素敵なアーティストの音楽を、穏やかに堪能できる音楽会です。音楽のほかにもおいしいご飯や可愛いモノ、楽しい人たちで溢れる「港町ポリフォニー」という”町”に遊びに行ってみませんか。

201609minatomachi
日程:2016年 9/4(日)
場所:兵庫 KIITO
出演:bonobos、土岐麻子、二階堂和美、アン・サリー、ショピン etc.
公式サイト:http://mmpolyphony.com/

イナズマロック フェス 2016

inazumarock
滋賀県出身で滋賀ふるさと観光大使でもある西川貴教が、びわ湖の水質保全と地域振興を目的に開催する「イナズマロック フェス」。T.M.Revolutionをはじめ、ももいろクローバーZ、UVERworldなどの、ロックフェスではあまりお目にかかれないアーティストが出演します。入場無料スペースでも一日中アーティストや芸人によるライブが行われ、開催目的の通り滋賀のグルメや観光地のPRも充実しています。滋賀がどんなところかあまり知らないという方は、「イナズマロック フェス」で滋賀を存分に体験してみてはいかがでしょうか。

201609inazuma
日程:2016年 9/17(土) – 9/18(日)
場所:滋賀 草津市烏丸半島芝生広場
出演:T.M.Revolution、ももいろクローバーZ、UVERworld、GRANRODEO、SPYAIR etc.
公式サイト:http://inazumarock.com/2016/

Text by Yuki Sagan

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事