アウトドア フェス

フェス女子レポ第3弾♥都会のオアシスで楽しむピクニックフェス「豊洲野音CARNIVAL」に潜入!

フェス女子レポ第3弾!都会の真ん中で自然を感じられるフェス、「豊洲野音CARNIVAL」(以下豊洲野音)に、アウトドア大好きスタッフ・イシイが潜入してきました!若手からベテランまで揃ったラインナップに、豊富なアクティビティ。高層ビルを眺めながら、草原の気分を味わえる素敵フェスを女性目線でレポートします♪

都会のど真ん中で開催されるアウトドアフェス

toyosujoshi-1

豊洲野音CARNIVALとは?

ゆりかもめの新豊洲駅から徒歩30秒という、恵まれた場所で開催される屋外フェスティバル。春の第1回目に続いて2回目の開催です。

アクセス超良好な素敵な会場

駅の周りはオフィスビルだらけ!本当にこんな所で開催されるのかとドキドキしながら新豊洲駅へ降り立ちましたが、階段を下りて交差点を渡るとそこはもう会場です。本当に駅から徒歩30秒!とにかく近い!迷わない!同じ都市型フェスが多く開催される幕張メッセは駅から結構遠いので、この近さはとっても嬉しい。

toyosujoshi-2▲本当に駅から30秒で会場い到着!

 

toyosujoshi-3▲入場ゲートをくぐるとそこは草原のような、思わず駆け出したくなる広い芝生の広場。海風がさわやかで、突然、大自然の中にやってきた気分!

 

toyosujoshi-4▲メインステージである「YAON STAGE」と、「MATSURI STAGE」の二つのステージで交互に演奏されます。「MATSURI STAGE」の前方には柵もなく、コンパクトな作りでアーティストとの距離がとても近いです。

 

toyosujoshi-5▲「YAON STAGE」の後方には、柵で仕切られたピクニックスペースがあります。少し傾斜になっていて、ステージも見やすい!家族連れや、友達同士でシートを広げて、ワイワイ!みんな楽しそう〜

フェス飯も充実の「豊洲野音」

toyosujoshi-6▲屋外フェスと言えば、やっぱり外せないのがフェス飯。コンパクトな会場でありながらも、多くの屋台が出店しており、かなり充実しています。ケバブといったフェスに外せない料理はもちろん、世界各国の料理がたくさん出店していました。

 

toyosujoshi-19▲まずは台湾まぜそばからいただきます♪

 

toyosujoshi-7▲イシイが参戦した11月1日は、「秋の収穫祭」として「ブタを丸ごと食べる」というスペシャルイベントが!

 

toyosujoshi-8▲目の前で大きな肉のカタマリや、ソーセージが焼かれていました。ワイルド!そしておいしそう!もちろん肉好き女子としては外せません!!ビールもおかわり~!

お待ちかねのライブアクト!

この日のラインナップは、若手のCzecho No republicから、お父さんお母さん世代を狙い撃ちする藤井フミヤ佐野元春。そして、 フェスの常連Dachamboや、CARAVANといったとっても多彩なアーティストが次々と登場!

藤井フミヤ

toyosu-fujiifumiyaこの日は右手を骨折しており残念ながらギターは弾けませんと断ってからのスタート。「白い雲のように」、「TRUE LOVE」など代表曲をしっとり歌い上げて行きます。よく通る、伸びやかな歌声は心地よく、空高く抜けて行きます。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGRAOUND

toyosu-oau「NEW ACOUSTIC CAMP」を主催し、家族連れで楽しめるフェスを自らで作ってきたOVER ACOUSTIC UNDERGROUND。もちろん豊洲野音でも家族みんなで楽しんでいる姿がステージ前に観られました。BRAHMANのときの攻撃的なTOSHI-LOW(Vo,G)とは違う、優しい歌声が聴けるのが嬉しい。MARTIN(Vo,Violin,G)の軽快なMCも会場をわかせます。

Bird

toyosu-birdギタリスト樋口直彦とのデュオで登場したBird。お客さんとの距離も近く、息づかいまで聞こえてくるような贅沢なステージ。ギターとボーカルだけのシンプルな構成でありながら圧倒的な存在感。「こんな夜景の見えるところでライブできるなんて」との彼女のMCにふと後ろを振り向くと、遠くの高層ビルやゆりかもめの光がとてもきれい。ニューアルバムの宣伝もしつつ、最後はデビュー曲「SOULS」。変幻自在の歌声に魅せられたステージでした。

まだまだあるよ!充実の屋台たち!

toyosujoshi-9▲ご飯以外にもエスニックな小物からかわいい花輪、子供たちが大喜びの外遊びおもちゃまで幅広い屋台が出店していました。

 

toyosujoshi-10▲フェスで人気のフラワーアクセサリーも発見。思わず女子心を奪われます❤️

豊富なアクティビティ

toyosujoshi-11▲多くの屋台では、販売だけでなく、特色あるワークショップを開催していたり、時間によって、参加型のイベントも用意されていました。フェスはなかなか形に残る思い出が少なかったりもするので、手作りする経験は楽しそうですね♪

 

toyosujoshi-12▲ものづくりだけでなく、参加型の太鼓のワークショップや、サンバカーニバルなどもあり、ライブ以外でも楽しい思い出をたくさん作れます。
toyosujoshi-18▲サンバカーニバルのキレイなダンサーとパシャリ♪観るだけでなく、一緒になって参加するとより楽しい!

都会の真ん中でこんなことまで出来るの!?

toyosujoshi-13▲ワークショップだけではありません。会場の真ん中に鎮座しているのは、なんと大きなキャンプファイヤーの組み木。昼間のうちに、たくましいお兄さんたちのアドバイスをもらいながら、みんなで巻き割りをして準備します。

 

toyosujoshi-14▲日も傾き、少し肌寒くなってきた頃に、お待ちかねのキャンプファイヤー着火!

 

toyosujoshi-15▲都会の真ん中でキャンプファイヤー。火って本当にあたたかい!

 

toyosujoshi-16▲キャンプファイヤー以外にも、焚火でマシュマロも焼けちゃいます。これがまたふわふわで本当においしい♥ こんな経験もなかなかできません。

「豊洲野音」女子レポまとめ

toyosujoshi-17都会の真ん中でライブだけでなく、アウトドアな体験もできてしまう「豊洲野音」。ピクニックに出かけるくらいの気持ちで簡単に参加できることに加えて、野外フェスの楽しいところがギュっと詰まっていました。フェス初心者の方はもちろん、家族みんなでのフェスデビューにもぴったりな「豊洲野音」!次回開催が楽しみですね♪

★来場者スナップはコチラ▶ハロウィン仮装キッズからオシャレ女子まで!ファッションスナップ@豊洲野音CARNIVAL

Text by Rie Ishii
Photo by 豊洲野音CARNIVAL Official,Sagan,Caori,Rie Ishii


201510059toyosu_yaon

豊洲野音CARNIVAL

日程:2015年 10/31(土) – 11/1(日)
会場:東京都 豊洲野外音楽広場
URL:http://toyosuyaon.tokyo/201510/
Festival Life特設「豊洲野音CARNIVAL」ページ
出演:THE King ALL STARS、佐野元春 and The Hobo King Band、LOVE PSYCHEDELICO~Premium Acoustic Set~、藤井フミヤ、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND etc.


LATEST ARTICLES最新記事