ファッション

【永久保存版】野外フェスでの雨対策アイテムまとめ

夏フェスよりも比較的天気が安定している秋フェスですが、台風などの影響で雨に降られることもしばしば。3連休も全国各地で野外フェスが開催されますが、雨予報が出ている地域で開催されるフェスもいくつかあります。雨をさえぎる屋根のない野外フェスでは雨具は必須。雨が降らないのが何よりですが、降ったときも楽しめるように、準備をしっかりしてフェスに参加しましょう!

レインウェア型とポンチョ型

雨具には大きく2つの種類があります。上着とパンツが別々の「レインウェア型」と上下が一つになった「ポンチョ型」です。大きな荷物を持っての駐車場からキャンプの移動や、テントやタープの設営作業を考えると、圧倒的にオススメなのは上下分かれているセパレートタイプのもの。ポンチョと比べると動きに制限がないので、作業がとてもしやすいです。一方、ライブを見る際にオススメなのはポンチョ型。急な雨でもサッと被るだけで、持ち物すべてを守ることが出来ます。また晴天時には芝生に広げてレジャーシートの替わりや、木と木の間に結べば、簡易タープとして利用出来るものもあります。

レインウェア型(セパレートタイプ)

◎メリット

  • 動きやすい
  • 全体を覆うので濡れない
  • 防寒具としても利用可

 
△デメリット

  • 着脱が面倒(特にズボン)
  • リュックなどを雨具の下に収納できない

 

ポンチョ型

◎メリット

  • リュックなどの持ち物や椅子もまるごと着用することが可能
  • 下部が空いているので蒸れにくい

 
△デメリット

  • 風に弱い
  • 足元が無防備
  • レインウェア型に比べると動きが制限される

 

オススメのセパレート型雨具

やっぱり凄いゴアテックス

オススメはGore-tex(ゴアテックス)を利用した製品です。ゴアテックスとは登山用のレインウェアや、スキーウェア等に利用されており、汗などの水蒸気は外に出しますが、水は内側に通さない素材です。コンビニで売っているビニールカッパと比較すると、その快適さは段違いで、一度利用すると手放せなくなります。また、ゴアテックスは適切な手入れを行えば、半永久的にその機能を発揮します。少し高い買い物になりますが、長く使える1着をこの機会に購入してみてはどうでしょうか? mont-bell、The North FaceやMAMMUTなどのアウトドアメーカーからは、デザインに凝ったオシャレなものがたくさん出ています。

ゴアテックス以外なら

ゴアテックスは予算的に少し厳しいという方にお勧めしたいのは、各メーカーが独自に開発したゴアテックスと同じ透湿防水機能をもつ製品。代表的なものに、ColumbiaのOMNI-TECH(オムニテック)やPhoenixのDRY VENT(ドラベント)などがあります。どちらもゴアッテクスに劣らない機能を持ちながら、比較的リーズナブルなものが多いので、これらのブランドもチェックしてみて下さい。

ホームセンターで売っているレインウェア

上記2つに比べると機能的には劣りますが、作業用の製品は長時間の雨でも浸水することがあまりありません。何より、価格が安く手に入りやすいので、雨具を急遽調達する場合にはぜひ検討してみてください。

ビニールカッパ

何もないより絶対にマシです。価格も安く、コンビニで手に入るので雨具を用意していない人は途中のコンビニで忘れず購入しましょう。汚れや強度が弱いので連日の雨が予想される場合は余分に持っていくと良いでしょう。裾が長めのものでないと、足が濡れてしまうので注意して下さい。

雨具を選ぶときの注意事項

festival_life-9

防水>撥水

雨具を選ぶ際はどんな形の製品でも「撥水」ではなく「防水」の物を選んで下さい。撥水のウインドブレーカーは水を弾くのみで、連続的な雨の中ではすぐに浸水してきます。

足元の雨対策も忘れずに!

ついつい忘れがちですが、足元の対策も忘れずに!雨が続くと芝生やキャンプサイトが泥やぬかるみだらけになることもあります。長靴の準備もお忘れなく。

防水スプレーをかけよう

持っていく予定の靴や、カバンには出発前に防水スプレーをかけておきましょう。また、何年も使っているテントの場合は防水効果が落ちてきていることもあります。設営した際に防水スプレーをかけておくことをオススメします。(周りの方や風向きにはくれぐれも気をつけて!)

とにかくゴミ袋は役立ちます!

雨のときに一番役立つのは何と言ってもゴミ袋。45ℓ以上の大き目のものを用意しましょう。濡らしたくない洋服などはテントの中でもゴミ袋に入れておくと万が一浸水した際も安心です。ザックにゴミ袋を入れ、その中に荷物を詰めれば、ザックまで濡れても大切な荷物には浸水しません。レジャーシートの代わりになるだけでなく、上から被れば簡易的なレインウェアになります。

携帯やお財布、充電器などはジップロックへ

携帯などの精密機器や、お札等濡れたら大変なものは予めジップロックに入れておきましょう。

タープを準備しよう!

タープがあれば、雨を防げ、晴天時と同じ様にBBQや仲間と団欒ができます。(暴風雨では難しいですが)簡易的なものであれば3,000円前後からと安く、近くのホームセンターで手に入ります。

雑巾や、吸収性の高いタオルも持っていこう!

雨に濡れるとテントはとても重くなります。撤収の際には全体を軽く拭いてから片付けるだけでかなり違います。また、テントが浸水した際や、濡れたレインウェアを乾かす際にも活躍します。家にある古くなったタオルなどを多めに持っていくと便利です。

***

ほとんどのアイテムがホームセンターで揃いますので、今からでも間に合います!憂鬱な天気でも楽しいフェス時間を過ごせるよう、しっかり雨対策して、フェスを楽しんでくださいね!

text by Rie Ishii


RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事