インタビュー

フェスな人003 | フジロックでスナップされたい女子必読!美女ハンターにスナップのポイントを聞いてみた!

フェス界で有名だったり、気になったりする人にインタビューを行う「フェスな人」。第3弾はフジロックやアラバキをはじめ、多くのフェスでファッションスナップを敢行しているカメラマン・アリモトシンヤさんにインタビュー!

フェス参加総数100回以上!Festival Lifeの大人気企画「フェス美女」での美女スナップはもちろん、フジロックのファンサイト「フジロッカーズ・オルグ」にも所属し、ライブ撮影から会場スナップまで手掛けるカメラマン・アリモトシンヤさん。フジロック速報サイト「フジロック・エキスプレス」では美女ハンターとしても知られ、素敵な女性を撮りまくっています。今回は2016年のフジロックに向けて、どんな基準で女性を撮っているのか、裏話や失敗談など、普段なかなか聴くことのできない、カメラマンの本音をたっぷり聞いてきました。

フェスで写真を撮り始めたきっかけ

Feshuman03_02

─まず、アリモトさんがフェスで写真を撮り始めたきっかけを教えてください。

2003年に初めてフジロックに行ったんです。そこでフェスの楽しさにハマって、大小問わず色々なフェスに遊びに行ったことが始まりですね。フジロックだと最初の数年は観たいライブは全部楽しんでいたけど、年々友達が増えていきます。何年かしたらと音楽をBGMに友人と飲んでいる時間が増えていったんですよね。チケットを買っているのに、ずっとキャンプサイトで飲んでたり、会場に入っても散歩しているだけとか、酷いときには会場に入らないとか(笑) もったいないと言われるかも知れないけど、それがすごく楽しくて。

─事前にタイムテーブルをチェックしていても、飲んでいて見逃すパターンですね。

10年以上そんなことを続けているうちに段々と遊び尽くした感が出てきちゃって・・・でもフェスは楽しいから行きたい。だったら、フェスの楽しみを人に伝えたいなと思ったんですよ。フェスで写真を本格的に撮り始めたのもその頃。で、ちょうどタイミングよく「フジロッカーズ・オルグ」でカメラマンを募集していたんです。そこに応募して採用されたのがきっかけですね。

美女ハンターはどんな人に声を掛けている!?

▲フジロックで撮影中のアリモトさん

▲フジロックで撮影中のアリモトさん

-早速、本題に入りますが、スナップする女性はどんな基準で撮っているのですか?

可愛いとか、綺麗だけじゃなくて楽しそうを含めて「良い写真が撮れるだろうな」という人を撮りますが、それよりも声を掛けやすい人が基準になりますね。

─声を掛けやすい人って?

ゆっくりと楽しんでいる人は声を掛けやすいですね。フジロックだと、ところ天国やカフェ・ド・パリ、奥地でのんびりしている人とか。一人で参加している人も。あと、カップルで来ている人も声を掛けやすいかな。彼氏さんに「彼女の写真を撮らせて欲しいのですが…」と声を掛けると高確率でOKを貰えます。自分が撮られるわけじゃないのに、彼氏さんの方が喜んでいるんですよね。なぜか誇らしげに(笑)

─確かに自分の彼女が撮られたら彼氏さんも嬉しいですよね。逆に声を掛けにくい人は?

会場を走り回っているような人は話しかけないかな。邪魔になったら悪いじゃないですか。でも、そんな中にたまに撮りたいなと思う人がいるんですよね(笑) あと、サングラスをかけている子は表情が見えないので話しかけにくいですね。

撮影時に気をつけていること・失敗談

▲フェスに持ち込むカメラ機材など

▲フェスに持ち込むカメラ機材など

─やっぱり流行りの服装の子が気になりますか?

そのあたりは全く関係なくて、雰囲気重視ですね。無理に流行の服装をしている人は「いかにも」という感じですし。個人的にはフェスっぽくない格好の人を見ると「撮りたいな」と思ったりします。昨年は着物を着ている人がいて、撮らせてもらいました。というか、流行に疎い方なのでフェスに行く前には今年のトレンドをチェックしています。そのときはFestival Lifeの記事で(笑)

─ありがとうございます!でもアリモトさんの主観で選ぶと偏りませんか?

そのあたりは気を付けているつもりですが「タイプの子を撮っているでしょ!」と言われたら否定できませんね(笑) だけど、女の子って笑っていればみんな可愛いですよ。撮れるなら会場にいる人を全員撮りたい気持ちです、ほんとに。

─撮影時に気をつけていることなどありますか?

当たり前だけど、まずは挨拶。次に相手に喜んでもらうこと。だけど挨拶をしたからと言って、すぐに撮ることはなくて、美味しかったご飯の話とか、面白かったライブの話を聞いたりして、一緒に笑って、自然な表情を引き出すようにしています。それが難しいんですけど、バッチリ撮れたときの嬉しさは言葉では言い表せませんね。

─失敗談があったら、こっそり教えてください。

失敗談は・・・ちょっとお酒を飲んでいた時に素敵な人を見つけて「撮らせて!」ってノリで話しかけて撮影したんですよ。そしたら翌日「カメラマンにナンパされました!」とツイートされたことがありましたね。ぼくはツイッターをしていなくて、カメラマンのボスからそれを聞いたときは超ヘコミましたよ・・・「まさか、おまえじゃないよな?」って電話がきまして。「違うと思います」と答えましたが、確実にぼくだったと思います(笑) で、その日は一日中ドラゴンドラの上で反省していました。

スナップも大変?断られることもある!

▲今まで撮影したスナップの一部

▲今まで撮影したスナップの一部

─先ほど、ゆっりとフェスを楽しんでいる人は声を掛けやすいとお聞きしましたが、断られることもあるんですか?

もちろんありますよ。たとえば「会社をサボって来ているからごめんなさい」とか「今日の服装は微妙なので明日にして欲しい」とか。あと「化粧が落ちているから」とか。撮れないけど、良い写真になるんだろうなぁって人は大勢いますね。

─次にスナップするときのポーズですが、指示したりしているのですか?

みなさんノリが良いので自らポーズをとってくれますね。だけどポーズが被ったり、「どうしたらいいですか?」と聞かれたらこちらから提案して撮ります。周りに人が大勢いるので最初は恥ずかしそうにする人がほとんどだけど、慣れてくると面白いですよね。一気にノリが良くなっちゃう、その瞬間を逃さないようにします。

─なるほど。色々な話を聞かせて頂きましたが、アリモトさんがフジロック会場内でよくスナップを行うエリアがあったら教えて下さい。

「スナップするぞ」と決めたら人通りが多い場所に行くことが多いです。入場ゲート付近、ところ天国の橋には高確率でいます。あと今年はオレンジ・カフェが気になっているので奥地に行ってウロウロしたいと思っています。ちなみにフジロックでは毎年キャンプサイトで寝泊まりしています、見掛けたら気軽に声を掛けて欲しいです。

─今年フジロックで観たいアーティストや楽しみにしていることはありますか?

毎年のことですが、色々なお客さんに会って話を聞いて、一緒になって笑って過ごしたいな、と。アーティストは木道亭でライブを行う藤原さくらちゃんは観たいです、可愛いので!

─そこも女の子なんですね!それでは最後に何かあれば。

今年はフジロック・エキスプレスで『メッセージでフジロック20回目を祝う』という企画を行います。スケッチ帳にメッセージを書いて、そのメッセージと一緒にお客さんを撮るというもの。金土日の三日間、朝に入場ゲート前で行うので参加して欲しいですね。ぼくも三日間担当します。他のカメラマンやスタッフも気合が入っていますのでよろしくお願いします!

***

Festival Life内でも美女とお酒好きで名を馳せているアリモトさん。お酒を飲んでいるときでも美女を見つけるとカメラを構えて突撃していく姿はまさにハンターそのもの。今年は20周年ということもあり、フェススナップにも例年以上に気合が入っているようです。ぜひみなさんもスナップされてみては?

★Festival Lifeでもフジロック会場内で「ファッションスナップ撮影」&「フェス美女インタビュー」を実施するので、ぜひ参加してみてください。Festival Lifeのカメラマンやスタッフの位置はFestival Life公式Twitterで随時情報発信する予定なので、チェックしてみてくださいね。また「フェスな人」に出演してくれる方も大募集!自薦・他薦問わないので、「フェスといえばこの人!」という方がいればご連絡お待ちしています。

Interview & Text by Rie Ishii
TOP Photo by miyuki samata
Photo by アリモトシンヤ
撮影協力:HOLIDAY(新潟県三条市)

フェスな人 コレクション

fesbasho-09
フェスな人001★デビルマン
フジロックや朝霧JAMなどでよく見かける「デビルマン」に突撃インタビュー!
URL:http://www.festival-life.com/column/29807.html
fesbasho-09
フェスな人002★パンダマン
フジロックに現れる、スーツ姿の「パンダマン」の正体は如何に!?
URL:http://www.festival-life.com/column/31143.html

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事