インタビュー

【フジロック’16ヘッドライナー予想】副編集長がグリーン&ホワイトステージのトリを大胆予想!(2016年1月予想)

昨年末に開催日程の発表があった、今年で20回目の開催となる「FUJI ROCK FESTIVAL」(以下 フジロック)。例年であれば、1月から2月あたりに第一弾の発表がありますが、発表を前に海外フェス好きの副編集長Gotoが、さまざまな角度からヘッドライナーを予想!昨年秋にヘッドライナー予想の記事(日本最速!フジロック2016のヘッドライナーを予想してみた!)を公開しましたが、新譜のリリース予定や、今年開催される海外フェスのヘッドライナーなどを参考に、今回はさらに現実性を重視した予想をお届け!

副編集長の予想するヘッドライナー候補5組

Red Hot Chili Peppers

やはり今回のフジロックのヘッドライナー、一番可能性が高いのは彼らでしょう。記念すべき第1回の1997年や10回目となる2006年でトリを務めるなど、フジロックの節目節目に出演。今年は世界中のフェスにヘッドライナーとして出演予定の中で、フジロックの開催される7月後半のみスケジュールがぽっかり空いています。これはもう間違いない!?

Live in Hyde Park
Live in Hyde Park

posted with amazlet at 16.02.02
Red Hot Chili Peppers
Wea International (2004-07-27)
売り上げランキング: 12,903

Coldplay

昨年12月に『A Head Full Of Dreams』をリリースしたColdplayは、春から南米・欧州ツアーの予定。もちろんフジロック期間のスケジュールは空いており、夏の苗場に舞い戻る可能性あり!出演が決まれば4年ぶりのフジロック出演となります。

A Head Full of Dreams
A Head Full of Dreams

posted with amazlet at 16.02.02
Coldplay
Atlantic (2015-12-04)
売り上げランキング: 186

Underworld

すでに今年の海外フェス出演がいくつか決まっているUnderworldもヘッドライナー候補。今年3月には待望のニューアルバムをリリース予定で、1999年、2003年、2008年とフジロックへ出演した彼らが再び降臨する可能性も大いにあります。個人的には3日目のトリを彼らに務めてもらい、最終日の夜は踊り倒したい!

【Amazon.co.jp限定】Barbara Barbara, we face a shining future [解説・ボーナストラック1曲収録 / 特殊パッケージ仕様 / 国内盤] 特典A2ポスター付 (BRC500A)
UNDERWORLD アンダーワールド
BEAT RECORDS / SMITH HYDE PRODUCTIONS (2016-03-16)
売り上げランキング: 2,330

Florence + The Machine

昨年は世界最大級の音楽フェス、「グラストンベリーフェスティバル」にヘッドライナーとして出演するなど、目覚ましい活躍をみせるFlorence + The Machine。もちろん今年開催される海外の大型フェスティバルでもヘッドライナー出演が多数決まっています。日本と海外での人気の差が少し気になるところではありますが、苗場のステージで妖精が舞う姿をこの目で拝みたい!

How Big, How Blue, How Beautiful
How Big, How Blue, How Beautiful

posted with amazlet at 16.02.02
Florence & The Machine
Republic (2015-06-02)
売り上げランキング: 4,101

Green Day

昨年末にクリスマスプレゼントとして曲を突如公開したGreen Day。ボーカルのビリー・ジョー・アームストロングのinstagramにはレコーディング中と思われる写真が投稿されており、新譜のリリースと大規模フェスのヘッドライナーを含むツアーの噂が出ています。Red Hot Chili Peppersと共にヘッドライナーとなれば、なんと第一回目のフジロックと同じヘッドライナーに!そんな粋な計らいがあるかはわかりませんが、2012年以来の来日はフジロックでお願いします!

ハート・ライク・ア・ハンド・グレネード [DVD]
ワーナーミュージック・ジャパン (2016-01-20)
売り上げランキング: 1,981

 
 
 
次ページ :次期ヘッドライナー候補!ホワイトステージのトリを予想!
 
 

1 2

LATEST ARTICLES最新記事