インタビュー

女性一人でもフェス行けちゃう!?「おひとりさまフェス」のススメ★

最近流行りのおひとりさま。「フェスは、リア充のレジャー。おひとりさまなんてありえない…」と思っている方も多いと思いますが、実はそんなことはありません!フェスは、女子1人で気軽に楽しめるイベントなのです。「せっかくのお休み、どこかに行きたいけど、特に行きたい場所もない。でもうちにいるのも飽きちゃった」なんてあなたにオススメしたいのが、「おひとりさまフェス」なのです。

…け、決して一緒に行く人がいないからと強がりを言っているわけではありません(震える声)。結果的に一人で行くことになってしまった、いわば消極的な一人参加を「ぼっちフェス」と定義するなら、今回ご紹介する「おひとりさまフェス」は、あ・え・て、一人で参加するフェスのことです(勝手に定義)。というわけで今回は、筆者(20代女子)が、「おひとりさまフェス」のメリット・デメリットを実体験から紹介していきます♪

必要なモノはたった3つだけ!

筆者(独身20代女子)が、ある日突然ハマってしまった「おひとりさまフェス」。「ひとりでフェスなんて、ちょっと…」と思ったそこのあなた!「おひとりさまフェス」を満喫するために、必要なものはたった3つです。この3つさえあれば、男性も女性も、老いも若きも、全員問題なく楽しむことができます。長年の経験上、この3つさえ忘れなければ何とかなり、十分楽しむことができるので、お忘れなきよう。

☑ 好奇心
☑ 人目を気にしない勇気
☑ スマートフォン

必要なものは、たったこれだけ!それでは来たるべき「おひとりさまフェス」参加に向けて、一人でフェスに参加した際のメリットとデメリットもを紹介していきます♪

メリット① 周りの目を気にせず楽しめる

IMG_2

仲間と一緒にフェスへ行くのってぶっちゃけ楽しいです。超楽しいんです。でも、こんなことはありませんか?

  • 観たいものが分かれてしぶしぶ譲る。
  • 自分の観たいものに合わせてもらって、相手が楽しめているかソワソワする。
  • 思いっきり踊りたいけど、周りの目が恥ずかしくてはっちゃけられない。

 
友達の彼氏の好きなバンドに興味無いなんて、死んでも言えない。その反対に、せっかく5年ぶりに来日してくれたのに、友達が隣でスマホいじりだしちゃった。なんか友達に笑われそうで、思いっきりはっちゃけられない…。安心してください、「おひとりさまフェス」では、周りにそういった変な気を遣わなくていいんです。イイんです!ずっと気になってたマイナーなアーティストを観たり、聴こえてきた音に誘われて、あらかじめ組んでいた予定を変更してみたり、普段を知る人には見せられないくらいはしゃいだり。誰もあなたのことを知らないんです。誰も君のことなんか見てないんです!会場のマナーと周りへの思いやりだけを携えて、自分の好奇心にしたがって思いっきり、はっちゃけちゃいましょう「人目を気にしない勇気」と「好奇心」、これだけあれば十分です!

メリット② 会場の隅々まで満喫できる

IMG_3
ベースキャンプがあったり、友達との待ち合わせを決めてしまうと、意外と時間がすぐ過ぎてしまいます。おひとりさまならそんな心配はご無用!朝から晩まで何にも拘束されることなく、自分だけのための時間を過ごすことができます。フェスには、ライブ以外にも楽しめるコンテンツが盛りだくさんあり、会場中をゆったり歩き回ってみるとたくさんの発見があるはずです。グッズやフード以外にも、洋服屋、アクセサリー屋、ワークショップ、チャリティショップ。空いた時間に気まぐれで場内を散歩してみましょう。

また、フェス会場では、アーティストがしれっとその辺を歩いていることも。勇気を出して写真やサインをお願いしたら、宝物の思い出になります。とにかく、一人でいると、物凄く時間を持て余し…、いや自由な時間がたくさんあるので、ゆったりとフェスを満喫できること間違いなし!

メリット③ 世界各国、全国各地のごはん・お酒を独り占め!

IMG_4
B級グルメ、エスニック料理、地元の名物、ビール、地酒、スイーツ。これだけのラインナップが揃ったお店やフードイベントってそうそう無いでしょう。フェスは世界各国の料理やその土地のものを美味しくいただける貴重な場所でもあります。好きな音楽を聴きながら、食べたいものをいただき、お酒を楽しむ。筆者は、地酒と地の名産を食べるのを楽しみにフェスへ行きます。友達とBBQをしても死ぬほど楽しいですが、心ゆくまでフェスのごはんを味わいつくせるのはおひとりさまならでは。じっくり選んで、じっくり食すという贅沢な時間が待っていますよ!

メリット④ 新たに友達を作りやすい

IMG_5
「なんか、寂しい…」楽しそうな周りの声。笑顔。時間をもてあましたときの過ごし方がわからない。スマホを1人でいじる。自意識過剰になって、みじめな気持さえしてきた…。みんな私のことなんて見ていないのに。そうです。見ていないのです。でも唯一、ひとりフェス参加者を見ている人がいるんです。それは、あなたと同じ、一人でフェスに参加している人です。これは経験から言えることですが、一人フェス参加者は、一人フェス参加者を見つけては心の中で、胸をなで下ろします。「仲間がいた」と。でもなかなか話しかけることはできません。本当は仲間なのに…

というわけで、ライブ中に、自分の周りに1人の人がいたら、思い切って話しかけてみることをおすすめします。「いやいや、いきなり話しかけるなんて」と思うかもしれませんが、同じライブを一人で観ているのであれば、あなたと同じくらいそのアーティストが好きなのかもしれません。しかも一人で来てしまうあたりも気が合いそうな気がしませんか?似たような人だったら、話しかけるハードルがちょっと下がるはず。その場だけの付き合いかもしれないし、「フェスラブ」がはじまるかもしれません❤ 勇気を持って、声をかけてみるのもアリですよ。一時的に単独行動をしているだけかもしれませんが、それでも声をかけられた方は、決して嫌な気持ちはしないはず。またSNSを駆使すれば、一人で参加している気の合う仲間を見つけられるかもしれません!文明の利器を十二分に活用しましょう!ありがとうスマートフォン!ありがとうスティーブ・ジョブズ!

デメリット① 「それでも、やっぱり、寂しい…」

IMG_6
これだけメリットを紹介しましたが、いいことだけだと胡散臭いですよね。ここから筆者の体験談としてのデメリットをお伝えします。まず1つ目はなんといっても、「ふと訪れる寂しさ」です。周りでは仲間と話す声。フードエリアでお皿を抱え込み、1人でもそもそと食べる。「1人で来てる人つぶやきすぎワロタwwwww」とか言われた日には、いくらハートが強くても、まぎれもなく「寂しい」気持ちになります。そんなとき筆者は、SNSでしか繋がってない人に会いにいきます。行きの電車で見かけた参加の書き込みに返信してみます。期待していなかった出会いです。会えただけで嬉しくなります。

また、筆者がフェスに参加した時に必ず見てしまう&参加してしまうのはメッセージボード。会場のどこかにある、参加者がメッセージを書き込むボードです。以前フェスに参加した際に、こんな書き込みをしてみたことがありました。

おひとりさまフェス7枚目

数時間後に、もう1度見てみたら…

おひとりさまフェス8枚目なんて返信があったこともありました。寂しい気持ちのときに見たので、ほっこりしました。(ノブさんはイケメンに違いありません!)

 

デメリット② 荷物問題

IMG_l
切実です。キャンプフェスなどの場合は、基地を作らない場合、荷物は自己管理です。救世主は、最寄駅のロッカーや会場のクローク。これらがあれば問題は一瞬で解決します。なければ持ち運びです。大き目のリュックに、余分なものは少なめに。けれども装備はしっかりしないと一人参加は本当の悲劇が起こるのでご注意を。これまでのおひとりさまフェスで、持っていって役に立ったアイテムは、大きめのゴミ袋(コンビニで100円くらいで売ってる)。歩き疲れて座りたいときや荷物を地面に置きたいときに、シート代わりに使えます。あとは座れるイスなんてものも、おひとりさまフェスでは大活躍するので、購入を検討してみてもいいかもしれません。

***

自由に一人の時間を堪能できる「おひとりさまフェス」。いきなり遠方のフェスに一人で行くのは、気が引けるので、近くで開催されるフェスからはじめてみることをオススメします。(全国のフェス一覧をチェック!)寂しそうに思うかもしれませんが、一度やってみると、意外にクセになって止められなくなりますよ。それでは、機会があれば、実際に「おひとりさま」でフェスに参加したときの様子をがっつりレポートしてみたいと思うので、気長にお待ち下さい♪

Photo by Sagan@豊洲野音、Rinko Enjoji
Text by Rinko Enjoji

LATEST ARTICLES最新記事