アーティスト

Festival Life Monthly PICKUP Artist(2016年11月洋楽篇)

fl_thexx

直近のリリースや来日情報を踏まえて、Festival Life編集部がフェス好きにオススメしたいアーティストをご紹介。今回は待望の新譜発売を前に来日公演を行うThe xx、国内5ヶ所をまわるジャパンツアーが決まっているDeerfoof、そして新作リリースのFiddler’s GreenJusticeら計6組をピックアップしました。外は寒くなってきましたが、新譜や来日公演はアツいものばかり!要チェックです◎

Fiddler’s Green「DOWN」

踊れるフォークソングで汗だく必至の一枚!

10月28日に13枚目のアルバム『Devil’s Dozen』を発売したFiddler’s Green(フィドラーズグリーン)。1990年にドイツで結成された26年目のベテランフォーク、アイリッシュパンクバンドで、アイリッシュ・カントリーフェスやロックフェスへの出演はもちろん、フォークメタルとしても名を馳せており、”世界最速のスピードフォークバンド”と評され、メタルフェスにも多数出演している。ニューアルバムのリード曲「DOWN」は、反戦歌、抵抗歌である「ベラチャオ」と日本でも馴染みがあるアンデスの「コンドルは飛んでいく」をミックスしている。序盤のマンドリン、アコーディオン、バイオリンの美しいアンサンブルから一転、激しくスピード感を増す展開は必聴。どの楽器も欠けてはいけない、それぞれが存在感のある6人組のFiddler’s Green。来日が叶ったら、きっとスピードフォーク旋風を日本に巻き起こしてくれるはずだ。(nadia)

悪魔のスピードフォーク~Devil's Dozen/Fiddler's Green
Fiddler’s Green
UNCLEOWEN (2016-10-28)
売り上げランキング: 53,933

Kungs「This girl」

フランスの新星がデビューアルバムをリリース!

フランスの19歳、DJ兼アーティストのKungs(コングズ)。今年に入ってヨーロッパ各国でも注目を浴び、チャートでも上位に入るなどの活躍を見せているフランスの新星が、ついにデビューアルバム『Layers』をリリース。アルバムにも収録されている「This girl」は、オーストラリアのジャス・R&BバンドCookin’ On 3 Burnersが2009年に発表した曲のリメイク版で、見事にダンスサウンドへと昇華されており、世界各国でのヒットにつながった。そんなヒット作を携えての来日ツアーは来月12月中旬から。空の下で踊りたくなるような軽快で爽快感のあるサウンドを体験しに足を運んでみては?(Uehara)

★来日予定:
2016.12.14(水)東京 代官山UNIT
2016.12.15(木)京都 METRO
2016.12.16(金)大阪 Shangri-La
2016.12.17(土)名古屋 Tokuzo
2016.12.18(日)静岡 FREAKYSHOW

Layers
Layers
posted with amazlet at 16.11.21
Kungs
Imports (2016-11-04)
売り上げランキング: 98,774

Deerhoof「The Magic」

新譜を引っさげて2年ぶりの来日公演も決定!

ロック、オルタナティブ、エクスペリメンタル、どこにも属さないDeerhoof(ディアフーフ)のサウンドはデビューしてから20年以上経った今でも変わらない。不揃いでありながらリズミカルなテンポと、それにマッチするvo.Satomiのハイトーンな声は独特な世界観を作り続けている。今年6月にリリースされた『The Magic』はまるで図工箱のような1枚。音や声、リズム、その図工箱を開けると多種多様な素材が飛び出し、それを拾い集めて曲となる。まさに魔法(The Magic)を思わせるアルバムだ。またライブの楽しさも衰えることを知らない。メンバーの入れ替わりはあるものの、20年以上も活動を続けるDeerfoofの仲の良さはメンバー自身も語るほど。12月に予定されている来日公演「The Magic Japan Tour」では、観て楽しめる、聴いて楽しめる彼らの音楽をぜひ体感していただきたい。(Shiori)

The Magic 【日本先行発売/ボーナストラック付】
DEERHOOF
felicity (2016-06-08)
売り上げランキング: 47,010

Justice「Safe And Sound」

フランスのエレクトロニックデュオ、5年ぶりに新作をリリース

2011年以来約5年ぶりの新作を11月にリリースするフランスのエレクトロニックデュオ、Justice(ジャスティス)。ダンスミュージックながら「ロック」という表現も使われる彼らの楽曲は力強く、これまでも世界中の多くのファンを虜にしてきた。そんな彼らの新作『Woman』は、1曲目「Safe and Sound」からアグレッシブなベースサウンドで畳み掛けており、作品全体がパワフルに仕上がっている。来日公演も多く行ってきたJustice。新作を引っさげての再来日に期待だ。(Uehara)

ウーマン
ウーマン
posted with amazlet at 16.11.21
ジャスティス
ワーナーミュージック・ジャパン (2016-11-18)
売り上げランキング: 3,184

Swans「The Glowing Man」

日本でも現メンバーでのラストツアーが決定!

現体制メンバーで制作された最後のアルバム『The Glowing Man』を今年6月にリリースした、NYオルタナシーンの重鎮Swans(スワンズ)。1982年にMichael Giraを中心に結成し、1997年に一度解散。そして2010年に復活して以来、2年ごとに新作を発表している。リリースごとに行われているツアーは、数多くのメディアやアーティストから最高のライブパフォーマンス、あるいは恐怖さえ覚える轟音のライブパフォーマンスと大絶賛されている。なお、12月には現メンバーでのラストツアーを日本でも行うことが決定しており、2時間を超えるロングセットのライブであることも発表されている。現メンバーが奏でる最後の重厚なサウンドを、ライブでその身に刻み込もう。(Shimazaki)

★来日予定:
2016.12.7(水)東京 TSUTAYA O-EAST
2016.12.8(木)大阪 梅田 CLUB QUATTRO

The Glowing Man [2CD+DVD / 特殊パッケージ / 国内盤 ] (TRCP203)
Swans スワンズ
Traffic / Mute (2016-06-15)
売り上げランキング: 58,602

The xx「On Hold」

来日目前!3rdアルバムから新曲先行公開!

The xx(ジ・エックス・エックス)が来年1月の3rdアルバム『I See You』のリリースに先駆け、収録曲「On Hold」を公開した。これまでの作品と変わらず、ロミーとオリバーの優しい掛け合いが見られる1曲だが、昨年初のソロアルバムもリリースしたバンドの核・Jamie xxの影響が大きくサウンドに出ており、Hall & Oatesのヒット曲「I Can’t Go for That (No Can Do)」の声をサンプリングしているのも彼らしさが表れている。3rdアルバムの全貌が気になるところだが、アルバムリリースを目前に2013年のフジロック出演以来となる来日公演が決定!いち早く新作の音に触れるチャンス、お見逃しなく!(Goto)

★来日予定:
2016.12.6(火)東京 豊洲PIT

I See You
I See You
posted with amazlet at 16.11.21
The XX
Young Turks (2017-01-13)
売り上げランキング: 1,325

Top Photo via The xx Official
Edit by Goto

RELATED ARTICLES関連記事

LATEST ARTICLES最新記事